日本の電力自由化の展望
電力自由化で家庭の電気料金が安くなる
電力自由化で家庭の電気料金が安くなる  今回の完全自由化で、市場原理が働き、電気料金が下がるのではないかと期待されています。 確かに、販売会社にとって「優良顧客」に該当する使用電力が多い消費者
無駄なエネルギー、使っていませんか
無駄なエネルギー、使っていませんか 高まる省エネ視点 エネルギー消費を抑える方法(省エネ)には、エネルギーを効率的に使うことで、エネルギー消費を抑えることになります。 日々の生活費、そし
増え続ける家庭用電力消費量
増え続ける家庭用電力消費量 毎年増加する家庭のエネルギー量 今日家庭で、身の回りを見ると、そこには電気製品のオンパレードというのが現実です。テレビ、エアコン、冷蔵庫、パソコン、電子レンジ、照明
完全自由化で期待されるサービスは
完全自由化で期待されるサービスは  電気の販売会社は、電気の販売に結び付く様々な新しいサービスを家庭向けに打ち出してくるでしょう。 電力小売りへの参入で、予想されるサービスを挙げてみましょう。
電力自由化家庭への影響
電力自由化家庭への影響  家庭での電力自由化スタート 電力小売りを全面的に自由化する、改正電気事業法が6月11日に成立し、平成28年度にも家庭が電力会社を選択できる時代がやってきます。
部分自由化の問題点
部分自由化の問題点 新規業者の導入スタート 2008年8月1日東京・丸の内の三菱系のオフィスビル(8つのビル合計3万kw)が、これまで契約していた、東京電力(現:東京電力エナジーパートナー)
発送電分離について
発送電分離について 電気の供給とは 電気と言う商品は、一般の商品と違って、 生産と消費が同時に行われなければ成り立たなく、売り切れも、売れ残りもない商品と言えましょう。 電気がな