発電方法比較
発電方法で電気を選ぶ!

2016年より、電気も選ぶ時代に入ってきました。
いわゆる電力小売事業の全面自由化ですが、この制度によって一般の商品と同様、電気も小売電気事業者から自由に買えるようになりました。

そのため購入する側も、電力供給会社を選択することになります。
様々なサービスを基準にして選択できますが、電気の作り方、要するに発電方法も各事業者によって変わってきます。

現在の日本では火力発電が電力供給量トップになっています。
火力発電は燃料を燃やし、その火力で電力装置のタービンを回転させて発電する方法になります。
この時燃料として使用されるのは、石油、石炭、天然ガスなどになります。

火力発電のメリットは発電量をコントロールでき、需要の変化に対応できることです。

また水力発電も多く行われています。
水力発電は高いところから低いところに流れる水の力で水車を回し発電をする方法です。
多くはダムからの放水の際の落差を利用して発電する方法が主流となっています。

また最近は環境問題と相まって、環境にやさしい新エネルギーも登場しています。

新エネルギーとしては、太陽光発電、バイオマス発電、風力発電、地熱発電などです。

これら新らしいエネルギーはCO2排出量も少ないので、環境にやさしいエネルギーとして注目を集めています。

大手電力会社や、すでに始まっている新電力(PPS)業者の発電方法、電力供給元の発電方法について比較をしましょ~。

新電力(PPS)や新電力への電力供給元の発電方法比較

今回の電力の自由化によって、各社様々な戦略を予定しています。電力供給会社が増えると、私たち利用者の選択肢も広がってきます。 電力供給会社各社の取り組みを紹介します。
エネット
(NTTファシリティーズ)
新電力の最大手として今後が期待されています。大手エネットは、都市ガスとNTTグループが出資して電気を供給していきます。
イーレックス 競争力を持ったエネルギーの安定供給を目標に今後も企業価値を高めていき、多くの人たちから選ばれる電気事業者を目指しています。
オリックス電力
J:COM電力(サミットエナジー)
自社グループの発電所を中心にし、太陽光、バイオマス、水力発電所によって、電力自由化競争に打ち勝てるサービスを提供していきます。
ミツウロコグリーンエネルギー
自社発電を中心として、同時に他の電気事業者より電力を調達しながら、多くの人たちに電力を供給していきます。
ソフトバンクの「FITでんきプラン(再生可能エネルギー)」
家庭のでんきもおトクに、便利に、あんしん・あんぜんに提供する新しいサービスをスタートします。 今後は多くの人たちに安い価格ででんきを供給していきます。

以上のように各社とも様々な取り組みを行っています。

大手電力会社 発電方法比較

北海道電力
東京電力エナジーパートナー
東北電力
中部電力
沖縄電力
九州電力 川内原発1号機が再稼働。原子力発電、石油、石炭、ガスの火力発電、地熱発電、メガソーラ大牟田発電色等太陽光発電、風力発電、バイオマス発電、水力発電などの、再生可能エネルギー
関西電力
中国電力
四国電力
北陸電力
 
関連記事
  • 電力会社規模比較
  • 電気料金プラン比較
  • マンション電力一括受電サービス比較
  • 電気料金を徹底比較
  • 発電方法比較の口コミ投稿!

    この記事にコメントを投稿する