電気代が安い電子レンジってどんなものがある?
最終更新日 2016.5.16
denshirenji.jpg

家庭の中で意外と電気代がかかってしまうのが電子レンジ。
時間としては1回につきせいぜい5分から10分程度ですが、人によっては毎日使用するケースもあり、負担も大きいです。
そこで電気代が安い電子レンジを検証してみました!


電子レンジってどれぐらい電気代がかかるの?

一般的に使われている電子レンジの消費電力は500から600W程度。
しかし電子レンジを使うと、「ブレーカーが落ちてしまった」なんて経験はありませんか?

実はこの消費電力は温める時に発せられる定格高周波出力と呼ばれる数値。
その出力全てが温めたい対象物に伝わるわけではないので、実際にはさらに大きい消費電力がかかっているんです。

例えば、500Wと記載されていても実際は1000W程度の消費電力が発生しています。
ブレーカーが落ちてしまうのは自分が想定していたものよりも高い消費電力が電子レンジにはかかっているということが要因でしょう。

だいたい10分温めるとしたら6、7円程度かかります。
お肉を解凍するときに使ったり、お弁当を温め直したり、時短のために野菜を温めたり。

オーブン付きのものならグラタンやピザを焼くなんてこともありますね。
電子レンジは毎日頻繁に使う人も多いですから、電気代がかかってしまう家電の一つと言われています。

どんな電子レンジだとお金がかからないの?

毎日使うものだからこそ、出来るだけ電気代を抑えたいという人もいるでしょう。
しかし、食べ物を温めたり、焼く時に少ない消費電力で温めるのはなかなか難しいです。

そこでポイントとなるのが待機時の消費電力
電子レンジによっては常に待機電力がつきっぱなしのものがあります。
それだと無駄な電力を使ってしまうことに・・・。

それを回避するためにドアを開けると自動的に電源が入り、温まった食べ物を外に取り出すと電源がオフになる優れものが登場しています。

待機電力がゼロの電子レンジなら年間で2,000円近い電気代をカットすることができるんです!

この機能が搭載された有名なものといえば、東芝の「石窯ドーム」日立の「ヘルシーシェフ」パナソニックの「三ツ星ビストロ」などがあります。

中でもヘルシーシェフなら2万円台で購入することができますから、とっても経済的ですね。
ランニングコストを考えると、こういった機能が搭載されているものを選びたいところです!

以上、電気代が安くなる電子レンジについてご紹介しました。
待機時消費電力がゼロのものを検討してみてはいかがでしょうか。

 
関連記事
  • オーブンレンジとスチームオーブンレンジはどちらがオススメ?
  • 電子レンジは1回につきどれくらい電気代が掛かっているの?
  • ワイアレス掃除機は何を決め手に選ぶ?
  • 洗濯機の寿命とは!?買い換えたほうが節約できる?
  • 電気代が安い乾燥機能付洗濯機ってあるの?
  • 省エネには洗濯機のインバーター!!
  • 賢い主婦はどちらを選ぶ?レイコップとダイソン
  • 光熱費を抑えられる洗濯機を教えて!
  • 節電!知ってないと損する洗濯機の選び方
  • 電気カーペットと電気コタツの電気代を詳しく知りたい!
  • 室外機の管理がエアコンの性能に関係してくるってホント?
  • エアコンの温度を1℃変えるとどれだけの変化があるのか検証!
  • 電気代が掛かる落とし穴!?浴室乾燥機はお金が掛かる?
  • ちょっとの工夫で電気代節約!炊飯器の節電方法とは
  • 冷蔵庫の購入は省エネ効果をチェックせよ!
  • スマホにまつわる節約術5選!
  • 洗濯機の間違った使用方法とは!?電気代がムダに掛かる?
  • あなたはいくつ知っている?掃除機の節約豆知識
  • 些細なことが節電に!知って得するテレビ節電方法
  • 誰でも簡単に実践できる5つの冷蔵庫節約方法とは
  • みんなが知らない冷蔵庫節約術!驚きの節電方法とは
  • こたつとセラミックファンヒーターの電気代比較
  • 暖房器具はどれが1番電気代が安いの?
  • パソコンは消したほうがいい?つけっぱなし?
  • 夏本番!暑い夏のクーラー対策!