電子レンジで電気代を安くするウラ技5選!
最終更新日 2016.5.18
denshirenji2.jpg

ここでは電子レンジを使うときにちょっとした裏技で電気代を安くする方法を紹介していきます。
節約する技を使っても、1回につき1円程度なので急激に電気代が安くなるわけではありませんが、年間で考えれば数百円から数千円安くなる可能性もありますよ!

ウラ技1:使う分だけ取り出して温める

料理する時に使わない分までまとめて温めてしまう人がいます。
しかしそれだけ加熱に時間が掛かり、大きなロスに・・・。

例えばひき肉400gを解凍するのと、200gを解凍するのでは解凍時間に3、4分程度の差が生まれ、電気代も1円程度の差が発生します。
ちょっとしたことですが、意識しておきたいポイントです。

ウラ技2:解凍時間をできるだけ短くする

冷凍庫に入れていたお肉を使いたいと思った時、「解凍」を使ってすぐ温める人も多いでしょう。
ただ冷蔵庫から出してそのまま電子レンジに入れるのは得策ではありません。

自然解凍を基本として考え、調理したい3、4時間前には冷凍庫から出すことをお勧めします。
これなら一切電子レンジを使用しないで済むケースも。。。だったら、初めからそうすればよいですが(^◇^)

ウラ技3:大きな塊は細かく小分けにする

お肉の大きな塊は中に熱が伝わるまでの熱伝導時間がかかります。
それだけ解凍時間がかかると電気代もかかりますから、小分けにして温めた方が時短につながって電気代の節約にもなります。

そしてお肉を保存する時は塊ではなく、平らな状態にしておくと、解凍する時も小分けしやすくなりますよ。

ウラ技4:ラップをかけて温める

電子レンジで食材や残り物を温めるときは必ずラップをして温めましょう。
ラップをすることで熱の放出が削減でき、加熱効率がアップします。

ただし飲み物の場合はラップをした時に多少の空間を作ることが大事です。
そうしないと成分が蒸発し、跳ねてしまうことがあります。

ウラ技5:対象物の表面積を広げる

温めたい物の表面積を広げ、熱が伝わる部分を広げることで温める時間を短くすることができます。
例えばコーヒーを温め直す時、できるだけ横に広がったようなコップを選ぶと良いでしょう。

時短につながり、加熱ムラもなくなります。 食材を温めるときも同様に深いお皿よりもできるだけ平らなお皿に並べて温めるようにしましょう。

以上、電子レンジで電気代を節約できる裏技を紹介しました。
いずれも使用時間を短くしたり、熱伝導率をアップさせるようなものばかりです。

あ、最後にもう一つ。多めに解凍してしまったら、翌日まで、還元性のある塩塩こうじ、もしくはしょうゆ&みりんのたれ等につけて、翌日まで置いておくというのも、いいですね!

特に面倒なことはなく、簡単に実践できるのでぜひ!実行してみてください。

 
関連記事
  • オーブンレンジとスチームオーブンレンジはどちらがオススメ?
  • 電子レンジは1回につきどれくらい電気代が掛かっているの?
  • ワイアレス掃除機は何を決め手に選ぶ?
  • 洗濯機の寿命とは!?買い換えたほうが節約できる?
  • 電気代が安い乾燥機能付洗濯機ってあるの?
  • 省エネには洗濯機のインバーター!!
  • 賢い主婦はどちらを選ぶ?レイコップとダイソン
  • 光熱費を抑えられる洗濯機を教えて!
  • 節電!知ってないと損する洗濯機の選び方
  • 電気カーペットと電気コタツの電気代を詳しく知りたい!
  • 室外機の管理がエアコンの性能に関係してくるってホント?
  • エアコンの温度を1℃変えるとどれだけの変化があるのか検証!
  • 電気代が掛かる落とし穴!?浴室乾燥機はお金が掛かる?
  • ちょっとの工夫で電気代節約!炊飯器の節電方法とは
  • 冷蔵庫の購入は省エネ効果をチェックせよ!
  • スマホにまつわる節約術5選!
  • 洗濯機の間違った使用方法とは!?電気代がムダに掛かる?
  • あなたはいくつ知っている?掃除機の節約豆知識
  • 些細なことが節電に!知って得するテレビ節電方法
  • 誰でも簡単に実践できる5つの冷蔵庫節約方法とは
  • みんなが知らない冷蔵庫節約術!驚きの節電方法とは
  • こたつとセラミックファンヒーターの電気代比較
  • 暖房器具はどれが1番電気代が安いの?
  • パソコンは消したほうがいい?つけっぱなし?
  • 夏本番!暑い夏のクーラー対策!
  • 電子レンジで電気代を安くするウラ技5選!の口コミ投稿!

    この記事にコメントを投稿する