電気代が安い乾燥機能付洗濯機ってあるの?
最終更新日 2016.4.28

洗濯機を購入する際、乾燥機能付きの洗濯機が良いと考えている人もいるでしょう。

しかし洗濯機の乾燥って実は電気代がすごいかかるんです!
これをいかに節電できるかが電気代を安くするポイントになってきます。

乾燥機能付き洗濯機ってどれぐらい電気代がかかるの?

kansousentakuki.png

(※東芝 製品情報ページより)

乾燥機能付きの洗濯機は1回あたり、40円~50円ほどの電気代がかかります。(ヒーター式乾燥式の場合)

洗濯機の容量、電気の契約形態などによって電気代が決まるため、一概には言えませんが毎日使うとしたら、1ヶ月1,200円~1,500円程度の電気代がかかります。

仮に乾燥機能を使用しない場合の1回の電気代はわずか3円程度。
これなら1ヶ月使っても、わずか90円で済みます。

つまり、「洗っている時よりも乾かしている時の方が圧倒的に電気代がかかる!」というわけです。

電気代が安い乾燥機能付き洗濯機はないの?

ただ、「どうしても乾燥機能付きの洗濯機が欲しい!」という人は、ヒーター式乾燥機の洗濯機ではなく、ヒートポンプ式の洗濯機を選ぶと良いでしょう。

この2つの違いは乾かし方の違いです。
ヒーター式乾燥機は発熱する力が強く、それに伴い消費電力が高くなります。
常に熱風を当てるような乾かし方なので多くの電力量が必要になります。

一方、ヒートポンプ式は熱風を当てるような乾かし方ではなく、洗濯機内の空気を乾燥させて乾かす方式です。

イメージとしてはヒーター式乾燥機はファンヒーター、ヒートポンプ式はエアコンで温めるような感じです。

どれぐらい電気代の差が出るの?

ヒーター式乾燥機に比べて、ヒートポンプ式なら3分の1程度の電気代で済みます。
すなわち1回あたりの電気代は15円~20円程度。

これなら1ヶ月を使ったとしても450円程度ですから、そこまで経済的負担が大きくなるわけではありませんね。

最近のヒートポンプ式の洗濯機は冷蔵庫内の乾燥温度がすぐに上昇し、あっという間に60℃前後まで上昇します。
それゆえ乾燥させる時間も短くなってきていて、利便性の面でも向上しています。

従来のものだと2時間半ぐらいかかっていましたが、最近販売されているものだと2時間を切るヒートポンプ式の洗濯機もあるのでその分電気代も安くなっています。

以上、電気代が安い乾燥機能付き洗濯機についてご紹介しました。
乾燥機能がある場合、電気代がある程度かかってしまうのは仕方ないことですが、その中でも電気代を最小限に抑えるにはヒートポンプ式の洗濯機がお勧めです。

 
関連記事
  • オーブンレンジとスチームオーブンレンジはどちらがオススメ?
  • 電子レンジは1回につきどれくらい電気代が掛かっているの?
  • ワイアレス掃除機は何を決め手に選ぶ?
  • 洗濯機の寿命とは!?買い換えたほうが節約できる?
  • 省エネには洗濯機のインバーター!!
  • 賢い主婦はどちらを選ぶ?レイコップとダイソン
  • 光熱費を抑えられる洗濯機を教えて!
  • 節電!知ってないと損する洗濯機の選び方
  • 電気カーペットと電気コタツの電気代を詳しく知りたい!
  • 室外機の管理がエアコンの性能に関係してくるってホント?
  • エアコンの温度を1℃変えるとどれだけの変化があるのか検証!
  • 電気代が掛かる落とし穴!?浴室乾燥機はお金が掛かる?
  • ちょっとの工夫で電気代節約!炊飯器の節電方法とは
  • 冷蔵庫の購入は省エネ効果をチェックせよ!
  • スマホにまつわる節約術5選!
  • 洗濯機の間違った使用方法とは!?電気代がムダに掛かる?
  • あなたはいくつ知っている?掃除機の節約豆知識
  • 些細なことが節電に!知って得するテレビ節電方法
  • 誰でも簡単に実践できる5つの冷蔵庫節約方法とは
  • みんなが知らない冷蔵庫節約術!驚きの節電方法とは
  • こたつとセラミックファンヒーターの電気代比較
  • 暖房器具はどれが1番電気代が安いの?
  • パソコンは消したほうがいい?つけっぱなし?
  • 夏本番!暑い夏のクーラー対策!