洗濯機の寿命とは!?買い換えたほうが節約できる?
最終更新日 2016.5.2
kaikae.jpg

「洗濯機の調子が悪いけど、なんとか動いているからとりあえずまだ使っている」という人もいるでしょう。
ただ洗濯機の機能が落ちてくると洗浄力が弱いにも関わらず、電気代がかかってしまうなどメリットはありません。
最近は節電効果を発揮している洗濯機もありますから、買い替えを検討しても良いでしょう。

洗濯機の寿命とは

洗濯機はもちろん商品によって善し悪しがあるため、5年でダメになるものもあれば、10年以上使えるものもあったりします。

ただ、概ね寿命とされているのが8年ぐらい。
各社、修理可能期間を8年としているケースも多く、それ以上経過すると修理するよりも買い換えた方が良いケースがほとんどです。

ちなみに修理可能期間は保障期間ではありません。(保証期間は1年ぐらい)
古い洗濯機になるとパーツが保管されていなかったりするので、8年以上経過しているものは修理すらできないこともあります。

洗濯機はどんな点で寿命と判断すべき?

洗濯機の寿命と判断するのは下記のような不具合が発生した時です。

・ボタンが機能しない(反応がない)
・エラーコードが表示される
・モーター音が大きい
・モーターの回転が弱い
・振動が大きい
・異常な音がする
・水漏れが起こる

上記のようなトラブルが起こる可能性があります。
排水トラブルだと排水管を替えたり、排水フィルターの手入れをして改善されることもありますが、モーターの不具合だと修理は難しいでしょう。

モーターは消耗したり、経年劣化することもあるので丁寧に使っていても10年もたないケースがあります。

買い替えの際は節電機能もチェック!

例えば、今まで縦型の洗濯機を使っていた人はドラム式に変えるだけでも水道代や電気代が安くなるでしょう。
水道代は1ヶ月で400円前後、電気代は1ヶ月で5円前後安くなる可能性があります。

また乾燥機が搭載された洗濯機を使っていた人もドラム式に変われば、大幅に光熱費が減少!
従来の縦型の洗濯機では洗濯機と乾燥で1ヶ月1,500円以上してしまいますが、ドラム式に変えれば500円程度で済みます。

新しく買い換える際はドラム式を優先した方が節電できるはずです。

以上、洗濯機の寿命と買い替えの際に考慮すべき点をご紹介しました。
洗濯機は当たり外れがありますが、できるだけ信頼度の高いメーカー(東芝やパナソニックなど)を選択した方が寿命が長くなる可能性が高いです。

 
関連記事
  • オーブンレンジとスチームオーブンレンジはどちらがオススメ?
  • 電子レンジは1回につきどれくらい電気代が掛かっているの?
  • ワイアレス掃除機は何を決め手に選ぶ?
  • 電気代が安い乾燥機能付洗濯機ってあるの?
  • 省エネには洗濯機のインバーター!!
  • 賢い主婦はどちらを選ぶ?レイコップとダイソン
  • 光熱費を抑えられる洗濯機を教えて!
  • 節電!知ってないと損する洗濯機の選び方
  • 電気カーペットと電気コタツの電気代を詳しく知りたい!
  • 室外機の管理がエアコンの性能に関係してくるってホント?
  • エアコンの温度を1℃変えるとどれだけの変化があるのか検証!
  • 電気代が掛かる落とし穴!?浴室乾燥機はお金が掛かる?
  • ちょっとの工夫で電気代節約!炊飯器の節電方法とは
  • 冷蔵庫の購入は省エネ効果をチェックせよ!
  • スマホにまつわる節約術5選!
  • 洗濯機の間違った使用方法とは!?電気代がムダに掛かる?
  • あなたはいくつ知っている?掃除機の節約豆知識
  • 些細なことが節電に!知って得するテレビ節電方法
  • 誰でも簡単に実践できる5つの冷蔵庫節約方法とは
  • みんなが知らない冷蔵庫節約術!驚きの節電方法とは
  • こたつとセラミックファンヒーターの電気代比較
  • 暖房器具はどれが1番電気代が安いの?
  • パソコンは消したほうがいい?つけっぱなし?
  • 夏本番!暑い夏のクーラー対策!