知っておきたい食洗機の上手な選び方
最終更新日 2016.7.14
syokusenki3.jpg

ここでは食洗機の上手な選び方

を紹介していきます。


食洗機には

ビルトインタイプ卓上タイプ

があり、本体価格や電気代に違いが出てきます。

 

また初期費用として

工事代が発生することも。


それぞれのメリットやデメリット

紹介しつつ、

理想的な食洗機の選択方法を紹介していきましょう!

ビルトインタイプと卓上タイプはどちらが良い?

まず2つの違いですが、

簡単に言えばビルトインタイプは

収納の一部として食洗機が内蔵されているもの、卓上タイプは別途購入して設置できるものです。

なかなか後付けで

ビルトインタイプをつけられる家庭もないでしょうから、そうなると選択肢は卓上型になってしまうでしょう。

ビルトイン型もあとで工事すれば

設置することが可能ですが、

工事費用も数万円かかってしまうため、あまり現実的ではありません。

卓上タイプなら

各家庭に合わせて

大きさを選択することができます。

しかも取り外しが簡単なので

マンションやアパート住まいで

引越しが多い人でも、

利用できるというメリットがあります。

費用はどれぐらいするのか?

初期費用としてかかるものが

本体価格と工事費。

卓上タイプ

本体は5万円前後のものが多いです。

設置する時にお湯を吸水する分岐水栓が必要になってきますが、これは1万円以内で行うことができるでしょう。

つまり全て含めても

5万円から6万円程度で行うことができます。

一方、ビルトインタイプのものは

本体価格だけでも10万円前後かかります。

そして工事も大掛かりな

システムキッチンになってしまう場合、20万円近くなってしまうことも・・・。

すっきりした見た目になるというメリットこそあるものの、費用だけ考えると一考の余地がありそうです。

最終的に選ぶ決め手は?

ここまでの検証で

ビルトインタイプは

なかなか条件が揃っていないと、設置するのが難しいということがお分かりいただけたでしょう。

そうなると卓上タイプでどんなものを選べばよいか、ということ。

一番考慮したいのが各家庭の人数です。

人数が多ければ多いほど

茶碗やお皿の使用数も増えるでしょう。

何回も食洗機を分けて使うことになってしまうと、それだけ光熱費がかかりますから望ましいものではありません。

イメージとしては

2人分の利用を検討中ならお皿が20点程度入るもの、4人分なら30点程度入るものを検討すると良いでしょう。

ちょっと多く使う可能性があるなら1人10点分として計算してみましょう。


以上、食洗機の上手な選び方についてご紹介しました。

卓上タイプのものから

人数に合った容量を兼ね備えた食洗機を検討してみましょう。

 
関連記事
  • 身近な家電に掛かっている電気代を調べてみよう!
  • 他の人がなかなかやっていないエアコン節約方法とは
  • 知っておきたい3つのエアコン節約術!大幅電気代カット!
  • 電気代が安い冷蔵庫の3つの特徴
  • オーブンレンジとスチームオーブンレンジはどちらがオススメ?
  • 電子レンジは1回につきどれくらい電気代が掛かっているの?
  • 賢い主婦はどちらを選ぶ?レイコップとダイソン
  • 光熱費を抑えられる洗濯機を教えて!
  • 節電!知ってないと損する洗濯機の選び方
  • 電気カーペットと電気コタツの電気代を詳しく知りたい!
  • 室外機の管理がエアコンの性能に関係してくるってホント?
  • エアコンの温度を1℃変えるとどれだけの変化があるのか検証!
  • 電気代が掛かる落とし穴!?浴室乾燥機はお金が掛かる?
  • ちょっとの工夫で電気代節約!炊飯器の節電方法とは
  • 冷蔵庫の購入は省エネ効果をチェックせよ!
  • スマホにまつわる節約術5選!
  • 洗濯機の間違った使用方法とは!?電気代がムダに掛かる?
  • あなたはいくつ知っている?掃除機の節約豆知識
  • 些細なことが節電に!知って得するテレビ節電方法
  • 誰でも簡単に実践できる5つの冷蔵庫節約方法とは
  • みんなが知らない冷蔵庫節約術!驚きの節電方法とは
  • こたつとセラミックファンヒーターの電気代比較
  • 暖房器具はどれが1番電気代が安いの?
  • パソコンは消したほうがいい?つけっぱなし?
  • 夏本番!暑い夏のクーラー対策!