足元から温める秘策!
carpet.jpg

寒さを感じる季節になったら、どうしてもエアコン等で電気代もかさむ。
それでも「足が冷えてしょうがない」という人も多いかもしれませんね。
特に女性は男性よりも末端が冷えやすい体質になっていて、手足が冷えがち。

そんなときに覚えておきたい足元から温める秘策をご紹介。節電も兼ねて、あったかくしましょう。

ルームソックスは二重編みを選択!

手っ取り早く対策できて、費用もかからないものと言えば靴下。
しかしただの靴下を選択するだけではイマイチ保温性がないケースも考えられます。

ポイントは素材と編み込み。 できればパイル地のように編み込みがあり、床との接地面積に厚みを感じるものが理想的です。

そして素材はポリエステルだけでなく、吸湿発熱素材を兼ね備えたものが良いでしょう。
有名なものではユニクロのヒートテック素材などがあります。

発熱効果が期待できるので着用後に温度を保ってくれる効果があるんです。
普通のポリエステル素材に比べて温度が下降していく速度が緩やかなため、いつまでも暖かい温度を保つことができます。

また靴下だけでなく肌着でも着用すれば体全体の血行促進作用を高め、手足など末端部分の血液循環も良くなり、足元も暖かくなります!

ソックスの重ね着も有効。内側にシルク(絹)、外側ウールの靴下をはけば完璧。でも重ね着が面倒、という方には、内側シルク、外ウールの二重編みのルームソックスを選択!1足であったかさと気持ちよさが倍増します。

床にはカーペットを使用

足元が冷えるフローリングは熱伝導率が高く、すぐに冷えた温度が浸透してしまいます。
それを解消するにはカーペット!

フローリング時に比べて熱伝導率が大幅にダウンします(フローリングは0.11、カーペットは0.059)。
フローリングのままだとエアコンやヒーターをつけている時は良いのですが、消した途端にすぐに温度が下降してしまうことに。

温かい状態をキープしたいなら、カーペットや絨毯などの設置は欠かせません。
最近はタイルカーペットなどもあり、部分的に使用することもできるのでわざわざ大きい床材を買わなくても良い商品が揃っていますから、ぜひ検討したいところです。

即効性を求めるならフットバス

どうしても足の冷えが取れないという人は家庭用のフットバスを購入するのも一つの手段です。
5,000円から1万円程度の比較的お手軽価格で販売されているものもあります。

最近の足湯は昔と違って、「お湯を入れてただ足を温めるだけ」というわけではありません。
温度を保つ温熱作用や加熱作用、また血行促進を促すジェットバス機能を兼ね備えたものもあり、はるかに性能面でアップしています。 末端冷え性や足の疲れ、むくみを解消するのに最適です。

女性でも気軽に持ち運びできるようなものも登場しているので、寒さのきついシーズンには使用しても良いかもしれませんね。

以上、足元から暖める方法についてご紹介しました。
素材の特徴や冷えてしまう原因を把握することで、より最適な暖かい環境を作ることができます。

 
関連記事
  • 自宅のゴミを減らせるエコアイディアとは
  • 冷蔵庫の購入は省エネ効果をチェックせよ!
  • 家庭で水道料金が掛かるものベスト3とは?
  • ケース別水道料金一覧を紹介!お風呂は?トイレは?
  • スマホにまつわる節約術5選!
  • お風呂にまつわる節約術5選!
  • 水道代を減らす5つのワザとは
  • 洗濯機の間違った使用方法とは!?電気代がムダに掛かる?
  • あなたはいくつ知っている?掃除機の節約豆知識
  • 些細なことが節電に!知って得するテレビ節電方法
  • 節電効果があって見た目もきれいな緑カーテンの作り方とは!
  • 誰でも簡単に実践できる5つの冷蔵庫節約方法とは
  • みんなが知らない冷蔵庫節約術!驚きの節電方法とは
  • 電力の自由化で東京電力は「東京電力エナジーパートナー」に
  • こたつとセラミックファンヒーターの電気代比較
  • 暖房器具はどれが1番電気代が安いの?
  • パソコンは消したほうがいい?つけっぱなし?
  • 寒い冬の節約術:温冷浴で湯冷め解消~!
  • 寒い冬はすきま風対策が大切!
  • 夏本番!暑い夏のクーラー対策!
  • 必読!節電術!電力会社の契約の見直し
  • クールシェア、ウォームシェアで節約!
  • いらない電気は消してね!
  • 暑い夏を乗り切る節電術!電気を止める?!