夏本番!暑い夏のクーラー対策!
sun.jpg

長い梅雨もあけて、夏本番!これからが正念場です。
熱中症にならないように、しかし、節電はしたい!

クールシェアを始めとして、公共の場所やショッピングセンターなど、冷房が効いている場所に出かけてしまう。
これも一案。
日中、自宅にいるなら、できるだけ節電しながらクーラーを使いたい

クーラーの温度は28度!

cooler.jpg

お宅のクーラーの設定温度は何度ですか?


どうしてもキンキンに冷やしたくなる気持ちもわかります。
しかし、節電のために、夏は27~28度、冬は20度以下にするようにしましょう。
外気との温度差がありすぎるのは、健康にもよくありません。
かと言って、クーラーを付けないで、いまどきの日本の夏の昼間を過ごすのは危険です。


お年寄りになるほど、体感温度に鈍感になって、暑いことを感じず脱水症状になる。
救急車で運ばれてしまうパターンも増えてきました。


できるだけ、クーラーは(高い温度で)つけておきたい。


クーラーの設定温度を2度上げると、10%の節電になると言われています。
2度上げても体感温度が下がるようにするには?


まずは、クーラーの設定を、「パワー」や「送風:強」にしましょう。 それで急速に冷やしてくれます。 また、こんな味方がいます!扇風機の登場です!

クーラー&扇風機で極楽&節約!

クーラーで冷やした空気はどうしても、下に貯まります。
冬のエアコンも同じですが、エアコン、クーラーはセンサーで、部屋の温度を一定にしようとします。
でも冷たい空気はどうしても下に貯まってします。
そんなに涼しくないのに足元だけ寒い、という経験が誰にでもあると思います。


この「部屋の温度むら」をなくせば、高い位置にあるクーラーが、「まだまだ冷えてない!」と勘違いせず、部屋全体を適正温度で冷やせます。


扇風機は低い位置で上向きに風を吹かせるようにしましょう。
そして首降りにしてその風がちょっと当たるようにしておけば、若干高めの設定温度でも、涼しい思いができて快適!
実際、これでクーラーの設定温度を2度上げても、快適度は変わりませんでした。


最近のクーラーが微調整機能が豊富になっているとは言え、クーラー自体のセンサーがどうしても高い位置にあることは変わりない。


そう思えば、この扇風機併用が重要なことも理解できると思います!ぜひぜひ!


その他クーラーの使い方、これだけは知っておこう

「ドライ」をうまく使う!

除湿運転、いわゆる 「ドライ」ですが、これは実は電力を食うことは知ってますか?


単に「冷房」を使うだけで温度が下がるにつれ除湿されます。なので、除湿をしたい場合、温度が下がってもいいなら、
「冷房」を使って除湿をしてください。


温度を下げないようにして除湿をしたい場合は「ドライ」を使います。
でも「ドライ」は、「冷房」と「加熱」を同時に行うことになるので、エネルギーロスが大きくなり、電気代も高くなります。


どうしても温度を下げずに除湿したいときだけ、ドライを使うようにしましょうね!

フィルタの掃除、外気を遮断は基本!

エアコンに付いているフィルタが目詰まりしていると効率が下がります
そんなことは知ってる!でも実際なかなか掃除をマメにしないのが現実!
夏、冬の時期はマメにフィルタ掃除を!節約節約!


さらに。エアコンの温度設定は、「自動」にしておくのが一番効率的です。
適温に達したときに、風量を弱めたりして、やりすぎをなくせるから。
覚えておきましょう!


そしてさらに、できるだけ部屋を小さく閉め切って、すぐに冷えるようにする。
かんたんな話!
冷やす場所が少ないほど、さっさと冷えるわけです。
当たり前です。


でもついつい、ドアを開けたまま、小窓が開いたまま、換気扇が回ったまま。


そういうところチェックすること!


greencarten.jpg

カーテンをしめて直射日光が入らないようにする、エアコンのスイッチをつけたり消したりを頻繁にしない、なども!
基本デスネ!!


緑のカーテン」といわれる、つた状の植物、例えばゴーヤや朝顔、ユウガオ、へちま、ショウタン、フウセンカズラ、きゅうり、つるいんげん、ツルムラサキ、いろいろあります。
これもやってみたるといいですね!涼しさ、さわやかさが倍増しそうです。

室外機を冷やす!

shitsugaiki.jpg

思いつかない人も多いと思いますが、日中の一番暑いとき、室外機に打ち水をします。


室外機が、外気と部屋の空気の熱交換をしますが、室外機が熱くなりすぎると熱効率が悪くなります。
そこで室外機を冷やしてあげるといいのです。そのまま水をぶっかけるだけで十分です。


また、室外機の前面に空気の流れをさえぎらない工夫をしたり、室外機の上や周りにすだれ、よしずなどで影を作って直射日光に当たらないようにしたりすることで、放熱効率がよくなります!
エアコン室外機の日除けパネルっていうようなものもあるようですね。


これ、5~10%くらいの効果がありそう!
これはやっておきたいですね!


そんなところでしょうか。
クーラーをより効率的に使う方法。


究極を言えば!


家族がそれぞれの部屋でエアコンを使うのではなく、
みんな狭い部屋に一同集まって、その部屋だけ涼しくする(笑)


それが一番効率的かも?(^_-)-☆

 
関連記事
  • 自宅のゴミを減らせるエコアイディアとは
  • 冷蔵庫の購入は省エネ効果をチェックせよ!
  • 家庭で水道料金が掛かるものベスト3とは?
  • ケース別水道料金一覧を紹介!お風呂は?トイレは?
  • スマホにまつわる節約術5選!
  • お風呂にまつわる節約術5選!
  • 水道代を減らす5つのワザとは
  • 洗濯機の間違った使用方法とは!?電気代がムダに掛かる?
  • あなたはいくつ知っている?掃除機の節約豆知識
  • 些細なことが節電に!知って得するテレビ節電方法
  • 節電効果があって見た目もきれいな緑カーテンの作り方とは!
  • 誰でも簡単に実践できる5つの冷蔵庫節約方法とは
  • みんなが知らない冷蔵庫節約術!驚きの節電方法とは
  • 電力の自由化で東京電力は「東京電力エナジーパートナー」に
  • こたつとセラミックファンヒーターの電気代比較
  • 暖房器具はどれが1番電気代が安いの?
  • パソコンは消したほうがいい?つけっぱなし?
  • 寒い冬の節約術:温冷浴で湯冷め解消~!
  • 足元から温める秘策!
  • 寒い冬はすきま風対策が大切!
  • 必読!節電術!電力会社の契約の見直し
  • クールシェア、ウォームシェアで節約!
  • いらない電気は消してね!
  • 暑い夏を乗り切る節電術!電気を止める?!