暖房器具はどれが1番電気代が安いの?
kotatu.jpg

冬場になるとどうしても暖房器具に頼らざる得ないのが現状ですね。
ただ、それと同時に気になるのが電気代。
1年の中で最も電気代が高くなるシーズンでもあります。

そこで暖房器具についてどれが一番電気代が安いのか検証していきましょう。
中には電気代が安いのにも関わらず、暖かさをキープできるものもありますから、ぜひ参考にしてみてくださいね!

手っ取り早いのはワット数を比較すること!

暖房器具の説明書や器具自体に必ずどれぐらいの消費電力が必要になるのかというワット数が記載されています。

暖房器具それぞれの使用ワット数をみていきましょう。

エアコン500~1400
ストーブ400~1000
カーボンヒーター300~600
コタツ90~600

ご覧のように振り幅が大きいのは使用用途によって異なるからです。
例えばコタツを「弱」にして、設定すると90程度のワット数に抑えることも可能です。

逆にエアコンはMAXの強さだと1400ワット程度になるのでこたつの弱の15倍以上に!
電気代もそれだけ掛かってしまうので注意が必要です。

暖房器具の性質を理解しておく

暖房器具にもそれぞれ特徴があって、じわじわと温かくなる器具、すぐに温かくなる器具など様々ですね。
最近の暖房器具は進化していて、運転開始まで早いものが多いですが、ストーブなどは運転開始まで5分近く経ってようやくスタートするものもあったりしますね。

そういうものはあんまり朝の忙しい時間でちょっとだけ付けたいというケースに向いていません。
朝に適しているものならカーボンヒーター!

もともとの消費電力が少ないですし、すぐに暖かくなるというメリットもあります。

逆に部屋にいてゆっくりテレビでも見たいというときはコタツがオススメ!
コタツは保温性があるので電気を消してもすぐに冷めてしまうわけではありません。
それでいて電気代も抑えられるので節約という観点では一番おすすめの暖房器具です。


ワット数によってどれくらい電気代が違うの?

具体的な電気代でお伝えした方がイメージが湧きやすいと思うので下記ご紹介します。

(東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bで計算)

100ワットの場合1時間1.94円
300ワットの場合1時間5.82円
500ワットの場合1時間9.7円
1000ワットの場合1時間19.4円

上記のような価格が目安となっています。
例えばエアコンが1000ワットだとしたら、1日4時間もつければ77.6円。
1ヶ月分にすると2328円です。

もちろん、常日頃使っている電気は洗濯機や電子レンジ、炊飯ジャー、テレビなど様々ありますからあっという間に月の電気代が数万円になってしまうということも考えられます。

ワット数によってこれだけ電気代が違うということが分かると、少しはセーブした暖房器具選びができるのではないでしょうか。

 
関連記事
  • 自宅のゴミを減らせるエコアイディアとは
  • 冷蔵庫の購入は省エネ効果をチェックせよ!
  • 家庭で水道料金が掛かるものベスト3とは?
  • ケース別水道料金一覧を紹介!お風呂は?トイレは?
  • スマホにまつわる節約術5選!
  • お風呂にまつわる節約術5選!
  • 水道代を減らす5つのワザとは
  • 洗濯機の間違った使用方法とは!?電気代がムダに掛かる?
  • あなたはいくつ知っている?掃除機の節約豆知識
  • 些細なことが節電に!知って得するテレビ節電方法
  • 節電効果があって見た目もきれいな緑カーテンの作り方とは!
  • 誰でも簡単に実践できる5つの冷蔵庫節約方法とは
  • みんなが知らない冷蔵庫節約術!驚きの節電方法とは
  • 電力の自由化で東京電力は「東京電力エナジーパートナー」に
  • こたつとセラミックファンヒーターの電気代比較
  • パソコンは消したほうがいい?つけっぱなし?
  • 寒い冬の節約術:温冷浴で湯冷め解消~!
  • 足元から温める秘策!
  • 寒い冬はすきま風対策が大切!
  • 夏本番!暑い夏のクーラー対策!
  • 必読!節電術!電力会社の契約の見直し
  • クールシェア、ウォームシェアで節約!
  • いらない電気は消してね!
  • 暑い夏を乗り切る節電術!電気を止める?!