電子レンジとコンロ、光熱費がお得なのはどっち?
最終更新日 2016.6.8
gaskonro.jpg

料理によっては電子レンジとコンロの両方で作ることが出来る場合もありますね。
その時、どちらの方が光熱費を安くできるのか気になるところ。

もちろん契約形態によって違いますし、ガスコンロを使っているのか、IHを使っているのかでも違ってきます。

あらゆるシチュエーションを想定して検証していきましょう!

 

節約比較!野菜の下茹で

ガスコンロの場合

ガスコンロで水を温め、にんじんやジャガイモを入れたとします。
水が沸騰し、にんじん、ジャガイモが柔らかくなるまで、およそ15分程度。

中火でコトコト下茹でした場合は都市ガスなら4円前後、プロパンガスなら7円前後かかります。

IHクッキングヒーターの場合

同様に野菜を下茹でした場合、IHクッキングヒーターなら熱伝導率が良いので10分程度で済むでしょう。

その場合の電気代はおよそ5円前後。
ガスコンロとの大きな差は見られません。

電子レンジの場合

電子レンジで加熱する場合は軽く水に浸して4分程度が目安。
この場合の電気代はおよそ2円程度。

すなわち、検証結果では電子レンジが一番安くなる結果に!

 

アクのよく出るものはコンロのほうが良い?

上記、野菜を下茹でしたことを想定すると電子レンジが一番安いという結果になりましたが、これは条件付!

アクの強いゴボウやレンコン、ふきなど、電子レンジよりお湯でゆでたほうがいい場合があります。

そういう野菜はコンロでゆでるようにしましょう。

大根、にんじん、じゃがいもなどの下茹でには、電子レンジが重宝しますね。

やっぱりコンロでゆでると時間がかかってしまいます。

 

さらに、保温鍋、圧力鍋という選択肢も!

私がよく使っているのが、保温鍋圧力鍋です。

ごはんも5分、固い玄米でもシュッシュッしてから弱火で12,3分でできあがり。

保温鍋は2重構造になっていて、保温性のある容器の中に沸騰状態の鍋を7時間ほど保温することで、煮物やシチューが完成します。

朝用意して夜できあがる。しかもあったかい。結構なエコになるので、ぜひ試してください。

ただし、時間以上に放っておくと、くさるので、そこだけ注意です!

 
関連記事
  • 自宅のゴミを減らせるエコアイディアとは
  • 冷蔵庫の購入は省エネ効果をチェックせよ!
  • 家庭で水道料金が掛かるものベスト3とは?
  • ケース別水道料金一覧を紹介!お風呂は?トイレは?
  • スマホにまつわる節約術5選!
  • お風呂にまつわる節約術5選!
  • 水道代を減らす5つのワザとは
  • 洗濯機の間違った使用方法とは!?電気代がムダに掛かる?
  • あなたはいくつ知っている?掃除機の節約豆知識
  • 些細なことが節電に!知って得するテレビ節電方法
  • 節電効果があって見た目もきれいな緑カーテンの作り方とは!
  • 誰でも簡単に実践できる5つの冷蔵庫節約方法とは
  • みんなが知らない冷蔵庫節約術!驚きの節電方法とは
  • 電力の自由化で東京電力は「東京電力エナジーパートナー」に
  • こたつとセラミックファンヒーターの電気代比較
  • 暖房器具はどれが1番電気代が安いの?
  • パソコンは消したほうがいい?つけっぱなし?
  • 寒い冬の節約術:温冷浴で湯冷め解消~!
  • 足元から温める秘策!
  • 寒い冬はすきま風対策が大切!
  • 夏本番!暑い夏のクーラー対策!
  • 必読!節電術!電力会社の契約の見直し
  • クールシェア、ウォームシェアで節約!
  • いらない電気は消してね!
  • 暑い夏を乗り切る節電術!電気を止める?!