自宅のゴミを減らせるエコアイディアとは
最終更新日 2016.3.22

ここでは自宅で簡単に実行できるゴミを減らすエコアイディアを紹介します。
買い物や料理などちょっとした意識の持ち方で様々な節約効果があります。具体的にどんなエコアイディアがあるか見ていきましょう!

詰め替えパックを購入する

eco1.jpg

消臭剤、洗濯洗剤、シャンプー、お風呂洗剤、トイレ洗剤など毎回容器ごとに買わずに詰め替えパックを購入すれば無駄なゴミを減らすことができます。
最近では日用品だけでなく、食材の味噌なども詰め替えパックで販売されているものがあります。

またこういったプラスチック容器はかさばるのでゴミが増えず、すっきりとした状態をキープできるのも嬉しいですね。

買い物でエコバッグを持参する

買い物のたびにスーパーの袋をもらっていると、溜まりで過ぎて特に使う用途もなく捨ててしまう人もいるでしょう。

そんな時はエコバッグがお勧めです。 できれば大・中・小と様々なエコバックを持っていると便利。 買い物の量に合わせて使い分ければ使い勝手もとても良いですよ。

最近では1枚3円などと費用が掛かるケースも増えてきているので、節約すれば塵も積もれば山となるはず!

古着など着古したものは雑巾にして再利用

もう着なくなった服やボロボロになった服をそのまま捨ててしまうのはもったいないです。 雑巾として再利用すれば雑巾を買わずに済みますし、ちょっとした汚れでも気軽に利用することができます。

例えば戸のサッシ部分、車の泥汚れ、ガスコンロ周りなど1回拭いただけでベトベトになってしまう箇所が存在します。

そういうところにきれいな雑巾を使ってしまうと、1回で真っ黒に・・・。 それであればもともと捨てる予定だった古着を再利用すれば、きれいな雑巾を使わなくて済みます。

また、ブランド品などの高級な古着は、ぜひ、リサイクルや買取ショップで買取してもらうべき。 ブランド品の買取についてさらにくわしく!

食材は極力ゴミを持ち込まず購入

食材の中には購入しても結局捨てる部分ってありますよね。 例えばキャベツの一番上の葉、とうもろこしのヒゲと皮、バターの箱など。

特に野菜に関しては捨てる場所もスーパーごとに用意されているので、食べない部分はその場で捨てて持ち帰りましょう。

逆に、いままで「捨てる部分」と思いこんでいた野菜の切れはしを、うまく利用してたべる方法もあります。

食材をできるだけ使い切る

yasai.jpg

例えばキャベツの芯、大根の葉っぱなど野菜で硬い部分や苦い部分などは捨てがちですね。しかしそういった箇所も調理方法次第で美味しく食べることができます。

例えばキャベツの芯ならフードプロセッサーで細かくしてカレーに入れてしまえば、かさ増しになっておいしく食べることができます。 大根の葉っぱは細かくして炒め物に入れても良いですし、お味噌汁に入れてもいいですね。

野菜のくずでつくったスープだし「ベジブロス」をつかって、おいしい煮込み料理がつくれる。抗酸化作用たっぷりの栄養たっぷり、野菜のうまみたっぷりのブイヨンをつかって料理するのはおススメです!

以上、自宅で出来るごみを減らせるエコアイディアについてご紹介しました。 いずれもお金がかかる方法ではなく、むしろ経費削減になるようなものもありますので、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

 
関連記事
  • 冷蔵庫の購入は省エネ効果をチェックせよ!
  • 家庭で水道料金が掛かるものベスト3とは?
  • ケース別水道料金一覧を紹介!お風呂は?トイレは?
  • スマホにまつわる節約術5選!
  • お風呂にまつわる節約術5選!
  • 水道代を減らす5つのワザとは
  • 洗濯機の間違った使用方法とは!?電気代がムダに掛かる?
  • あなたはいくつ知っている?掃除機の節約豆知識
  • 些細なことが節電に!知って得するテレビ節電方法
  • 節電効果があって見た目もきれいな緑カーテンの作り方とは!
  • 誰でも簡単に実践できる5つの冷蔵庫節約方法とは
  • みんなが知らない冷蔵庫節約術!驚きの節電方法とは
  • 電力の自由化で東京電力は「東京電力エナジーパートナー」に
  • こたつとセラミックファンヒーターの電気代比較
  • 暖房器具はどれが1番電気代が安いの?
  • パソコンは消したほうがいい?つけっぱなし?
  • 寒い冬の節約術:温冷浴で湯冷め解消~!
  • 足元から温める秘策!
  • 寒い冬はすきま風対策が大切!
  • 夏本番!暑い夏のクーラー対策!
  • 必読!節電術!電力会社の契約の見直し
  • クールシェア、ウォームシェアで節約!
  • いらない電気は消してね!
  • 暑い夏を乗り切る節電術!電気を止める?!