生ゴミ処理機を使ってエコライフ!こんなメリットが!?
最終更新日 2016.3.22

生ゴミ処理機を使ってゴミの量を減らすことができればエコ効果だけでなく、ゴミ出しの回数も減り、自分にとってもメリットがあります。

また家庭によっては肥料として使うこともできて利便性にも優れているのが生ゴミ処理機の良いところです。導入すると、どんなエコライフになるのか見ていきましょう!

eco2.jpg

生ゴミ処理機は高いけど助成金が出る!?

生ゴミ処理機はメーカーやサイズによって値段が違いますが、だいたい相場として4万円から5万円程度のものが多くなっています。

ただその内半額近い額を自治体から助成金としてもらうことが可能なんです。(助成金の支給額は自治体によって異なります)

手順としては生ゴミ処理機を購入した後に領収書、そして助成金をもらうための口座番号がわかるもの(通帳等)、印鑑を持参して市役所に行って申請書を記入すれば助成金が振り込まれます。

申請するところは環境部ごみ対策課です。
生ゴミ処理機を買ったので、助成金を申請したいんですが」と言えばわかってもらえるでしょう。

生ゴミ処理機を導入するとどれぐらいゴミが減る?

生ゴミ処理機には微生物を分解させるバイオ式と、高温によって乾燥処理する乾燥式の2タイプがあります。いずれも高い処理能力を兼ね備えていて、なんと85%以上の処理に成功!

生ゴミを捨てる回数が大幅に減るメリットがあります。
例えば家族でお住まいの方は生ゴミが毎日のようにたくさん出てしまうでしょう。2、3日に1回は捨てないといけないという状況もあったはず。

しかし生ゴミ処理機を導入すればゴミ出しのタイミングは1週間に1回、あるいは10日1回程度でも十分です。
そして処理後の状態は乾燥していて、水分が出ないので捨てやすいというメリットもあります。

肥料として使う事も可能

生ゴミ処理機で処理した後に有機肥料として再利用する事も可能です。お庭やベランダがある人は家庭菜園として再利用しても良いですね。

有機肥料と土を混ぜることで成分的にも完熟成のある堆肥が実現します。割合的には土1キロ当たり300から500g程度の有機肥料を利用しましょう。観賞用の植物だけでなく、野菜など育てるのにも向いていますよ。

生ゴミの中には洗剤の液が残っているケースもあって心配される方がいますが、専門家の分析によって、「家庭生ゴミで生ゴミ処理機によって処理された残留物で問題になるようなものはない」と報告されているので安心して再利用できます。

以上、生ごみ処理機を使ったエコライフについて紹介しました。
初期費用こそかかりますが、単純にゴミが減るだけでなく再利用できる方法もあるので検討してみてはいかがでしょうか。

 
関連記事
  • 自宅のゴミを減らせるエコアイディアとは
  • 冷蔵庫の購入は省エネ効果をチェックせよ!
  • 家庭で水道料金が掛かるものベスト3とは?
  • ケース別水道料金一覧を紹介!お風呂は?トイレは?
  • スマホにまつわる節約術5選!
  • お風呂にまつわる節約術5選!
  • 水道代を減らす5つのワザとは
  • 洗濯機の間違った使用方法とは!?電気代がムダに掛かる?
  • あなたはいくつ知っている?掃除機の節約豆知識
  • 些細なことが節電に!知って得するテレビ節電方法
  • 節電効果があって見た目もきれいな緑カーテンの作り方とは!
  • 誰でも簡単に実践できる5つの冷蔵庫節約方法とは
  • みんなが知らない冷蔵庫節約術!驚きの節電方法とは
  • 電力の自由化で東京電力は「東京電力エナジーパートナー」に
  • こたつとセラミックファンヒーターの電気代比較
  • 暖房器具はどれが1番電気代が安いの?
  • パソコンは消したほうがいい?つけっぱなし?
  • 寒い冬の節約術:温冷浴で湯冷め解消~!
  • 足元から温める秘策!
  • 寒い冬はすきま風対策が大切!
  • 夏本番!暑い夏のクーラー対策!
  • 必読!節電術!電力会社の契約の見直し
  • クールシェア、ウォームシェアで節約!
  • いらない電気は消してね!
  • 暑い夏を乗り切る節電術!電気を止める?!