子供でも出来る!簡単に行えるエコ生活とは
最終更新日 2016.3.22

エコは経済的負担を軽くするだけでなく、子供の教育上、教えておきたいことの一つですね。 子供と一緒に実践することでその習慣が身につき無理なくエコ生活を送ることができます。子供でもできる簡単なエコはどんなものがあるんでしょうか?

お絵かきは余った紙を使用する

oekaki.jpg

落書き帳を購入してくるよりも家庭で自然と増えるチラシやカレンダーなどを使ってお絵かきしていきましょう!
特にカレンダーなどの大きな用紙は子供も十分満足してもらえるはず。光熱費の領収書やレシートなどちょっとした紙を使って簡単なお絵かき対決を行うのもよいかも!

外出時は水筒を持参する

子供とお出かけする時に毎回水筒を持参して外でペットボトルや缶ジュースを極力買わないようにしましょう。子供の好きなキャラクターの水筒にすれば子供も喜びます。
また経済的にも外でペットボトルや缶ジュースを買うのは割高になりますから、コスト面も馬鹿にできません。

子供とお揃いのエコバッグ!

買い物に行くときは子供と一緒にエコバッグを持参するのも良いでしょう。
次第に子供もエコバッグを持って持ち歩くのが当たり前になり、ビニール袋や紙袋をもらわないような習慣が身につきます。
今ではかわいいエコバッグも数多く販売されていますから、子供に気に入ってもらえるものがきっと見つかるはず!

割り箸やスプーンを受け取らない

例えばスーパーやコンビニでお弁当やお惣菜を購入すると、「割り箸は何膳お付けしますか?」などと店員さんに聞かれますね。

もし自宅に帰ってから食べるのであれば必要ないですし、外出する時もスプーンやお箸を持参すればそれだけ余計なもの入手する必要はなくなってきます。
子供と一緒に買い物に行って、そういった親の姿勢を見せていれば子供もその習慣が身につくはずです。

トレーを回収ボックスに返品

魚や肉のパッケージに使われているトレイはプラスチックゴミとして出すのではなく、購入した店にリサイクルとして返すのもOKです。

自宅からお店まで近ければ買い物ついでに返却することを心がけたいですね。
プラスチックのゴミの廃棄が減れば、それだけごみ袋を使用せずに済みますから経済面でもメリットがありますよ。軽いものですから、子供に持ってもらうのもいいかもしれませんね。

以上、子供と実践できるエコ生活について紹介しました。
うちの実家も、おばあちゃんがいたせいか、かなりエコな家庭でした。妹がこの間、サランラップを干して再利用していたのにはわらいましたが。。。(やりすぎ(笑))。

小さい頃からそういった習慣が身につくとそれが当たり前になります。むしろエコ生活を実践していないと子供から指摘されるなんてことも。
ぜひ親子で実践してみてくださいね!

 
関連記事
  • 自宅のゴミを減らせるエコアイディアとは
  • 冷蔵庫の購入は省エネ効果をチェックせよ!
  • 家庭で水道料金が掛かるものベスト3とは?
  • ケース別水道料金一覧を紹介!お風呂は?トイレは?
  • スマホにまつわる節約術5選!
  • お風呂にまつわる節約術5選!
  • 水道代を減らす5つのワザとは
  • 洗濯機の間違った使用方法とは!?電気代がムダに掛かる?
  • あなたはいくつ知っている?掃除機の節約豆知識
  • 些細なことが節電に!知って得するテレビ節電方法
  • 節電効果があって見た目もきれいな緑カーテンの作り方とは!
  • 誰でも簡単に実践できる5つの冷蔵庫節約方法とは
  • みんなが知らない冷蔵庫節約術!驚きの節電方法とは
  • 電力の自由化で東京電力は「東京電力エナジーパートナー」に
  • こたつとセラミックファンヒーターの電気代比較
  • 暖房器具はどれが1番電気代が安いの?
  • パソコンは消したほうがいい?つけっぱなし?
  • 寒い冬の節約術:温冷浴で湯冷め解消~!
  • 足元から温める秘策!
  • 寒い冬はすきま風対策が大切!
  • 夏本番!暑い夏のクーラー対策!
  • 必読!節電術!電力会社の契約の見直し
  • クールシェア、ウォームシェアで節約!
  • いらない電気は消してね!
  • 暑い夏を乗り切る節電術!電気を止める?!