電気代が安くなるエコライフ7選!
最終更新日 2016.3.23
eco4.jpg

家庭で行えるちょっとした工夫で電気代を節約することができます。
「ちょっとしたことだからいいや」と考えているとそれが最終的に大きな損失になることも・・・。

ここではわずかながら電気代を節約できるエコライフ7選を紹介します。

トイレの暖房便座は切っておく

トイレの暖房便座はせいぜい50W程度なので、そこまで高い電力量ではありません。1ヶ月換算でもせいぜい数十円程度でしょう。

しかし便座カバーに切り替えれば一銭もかかりません。節約できるものは今すぐ実践していきましょう!

加湿器を使って体感温度をアップ

冬の時期にエアコンだけ使用するよりも加湿器も同時に使った方が体感温度をアップできます。

例えば同じ気温でも湿度が高いほうが体感温度がアップするんです。空気中の水蒸気が加熱されてそれが肌に当たって暖かく感じるというわけです。

両方同時に使うと電気代が心配という人もいますが、エアコンの温度下げればかえって電気代の節約になりますよ。

高断熱性のカーテンを使用する

冬場の寒い時期は日中の暖かい日差しは室内に取り込んで、夕方以降になったらカーテンをして室内の空気が冷えないようにする必要があります。

そのためには断熱性や遮光性の優れたカーテンがお勧め!室温をキープできれば余計な暖房器具を使わずに済みますよ。

ガラスに緩衝材を使用

冬の寒い時期は窓ガラスに緩衝材を貼り付けるのがおすすめです。

本当なら窓ガラスを断熱性のものに変えるのが1番ですが、そこまでの経済的負担はなかなかかけられないという人も多いはず。

そこでプチプチなどの緩衝材を使用して壁に貼り付ければ室温がキープできます。取り付けるだけで熱の流出が4割から5割程度減らすことが可能に!

入浴剤は冬に使う

入浴剤を使うときは、できれば冬に使用しましょう。

入浴剤には硫酸ナトリウムや硫酸マグネシウムなど水分と結合することで保温性をキープする成分が配合されています。それだけお湯が冷めにくくなるので、追い炊き回数が減るなど節電効果も期待できます。

電気カーペットはいるところだけ使用

こちらも1日4時間程度使用したからといって100円にもいかないので、電気代が大幅にかさむわけではありませんが、消費電力を抑えるにはいるところだけ使用して電気代を節約しましょう。

コタツと併用することは切ってもよいでしょう。

湯たんぽを使用して寒い冬を乗り切る!

夜寝るときにエアコンをつけてタイマー設定で寝る人もいますが、部屋の空間全部を温める必要はなく、布団の中だけ温かくなればよいことです。

そんなときは湯たんぽを使用して冬を乗り切りましょう!エアコンは部屋の乾燥もあるので、就寝時の使用はお勧めできません。

以上、電気代が安くなるエコライフ7選ご紹介しました。

ちょっとした数十円の節約方法ばかりですが、それが合わされば結果的に大きな節約になります。
ぜひ実践してみてくださいね!

 
関連記事
  • 自宅のゴミを減らせるエコアイディアとは
  • 冷蔵庫の購入は省エネ効果をチェックせよ!
  • 家庭で水道料金が掛かるものベスト3とは?
  • ケース別水道料金一覧を紹介!お風呂は?トイレは?
  • スマホにまつわる節約術5選!
  • お風呂にまつわる節約術5選!
  • 水道代を減らす5つのワザとは
  • 洗濯機の間違った使用方法とは!?電気代がムダに掛かる?
  • あなたはいくつ知っている?掃除機の節約豆知識
  • 些細なことが節電に!知って得するテレビ節電方法
  • 節電効果があって見た目もきれいな緑カーテンの作り方とは!
  • 誰でも簡単に実践できる5つの冷蔵庫節約方法とは
  • みんなが知らない冷蔵庫節約術!驚きの節電方法とは
  • 電力の自由化で東京電力は「東京電力エナジーパートナー」に
  • こたつとセラミックファンヒーターの電気代比較
  • 暖房器具はどれが1番電気代が安いの?
  • パソコンは消したほうがいい?つけっぱなし?
  • 寒い冬の節約術:温冷浴で湯冷め解消~!
  • 足元から温める秘策!
  • 寒い冬はすきま風対策が大切!
  • 夏本番!暑い夏のクーラー対策!
  • 必読!節電術!電力会社の契約の見直し
  • クールシェア、ウォームシェアで節約!
  • いらない電気は消してね!
  • 暑い夏を乗り切る節電術!電気を止める?!