節電効果があって見た目もきれいな緑カーテンの作り方とは!
最終更新日 2016.2.9

夏場の暑い時期はエアコンの使用が欠かせませんね。
ただ、そのエアコンを使う上でさらに効果をアップさせてくれるものがあるんです。

それは緑のカーテン!
midorikarten1.jpg植物を使ったカーテンで部屋の温度一気に下げちゃいましょう!

緑のカーテンって何?

緑のカーテンは窓の外にネットなどをつるし、そこに植物を生成するカーテンのことです。
植物は息をしていますから、人工的な遮断カーテンよりも涼しく感じられるんですよ。

光合成を繰り返し葉から産出される酸素によって湿度もアップしてくれる緑のカーテンは、夏には欠かせないアイテムです。

緑のカーテンを作るにはネットの設置と栽培の種が必要。
具体的にどんな手順で緑のカーテンを作れば良いのか紹介していきましょう!

まずはネットを用意する

カーテンのように植物の葉を生い茂らせるにはネットが必要です。
ホームセンターなどで手ごろな料金で販売されています。強風がきてもネットが飛ばされないように物干しざおにしっかりと食いつけて固定しましょう。

上部と下部の両方にロープなどで固定するのが理想です。
ネットは90度に張るのではなく、やや傾けて貼るのがポイント。
その方が緑のカーテンと窓の空間が出来、熱を溜め込まずに済みます。

ネットの内側に植物を置く

midorikarten.jpg

ネットが設置できたら植木鉢などの植物をネットの内側に置きましょう。
そして発芽してから数週間経って30センチ以上に茎や葉が伸びてきたらネットに絡ませるように、まずは手でからめます。

あとは自然に放置しておくだけでネットに絡まるように伸びてくれるはずです。

どんな植物を選べばよい?

ツールのような葉をしていればどれでも良いですが、夏のシーズンに生育が盛んなのは朝顔、ヘチマ、ツンベルギア、スネールフラワー、きゅうり、アピオスなどがあります。
初めて緑のカーテンを作る方は夏の高温にも強い朝顔がお勧めです。

緑のカーテンのメリット

遮光カーテンに比べれば日差しが漏れるので、熱を完璧に抑えられるわけではありません。しかし遮光カーテンのように日中の明るい日光を完全に遮光してしまうのは暗くなって生活しづらい部分があります。

緑のカーテンは、程よく光が差し込んでくれて生活に支障が出ない程度に日光をカットしてくれる優れもの!
涼しさと見た目のオシャレさの両方を兼ね備えた節電方法です。

以上、節電効果が期待できる緑のカーテンの作り方についてご紹介しました。
だいたい5月ぐらいから設置準備を取り掛かってみてはいかがでしょうか。

 
関連記事
  • 自宅のゴミを減らせるエコアイディアとは
  • 冷蔵庫の購入は省エネ効果をチェックせよ!
  • 家庭で水道料金が掛かるものベスト3とは?
  • ケース別水道料金一覧を紹介!お風呂は?トイレは?
  • スマホにまつわる節約術5選!
  • お風呂にまつわる節約術5選!
  • 水道代を減らす5つのワザとは
  • 洗濯機の間違った使用方法とは!?電気代がムダに掛かる?
  • あなたはいくつ知っている?掃除機の節約豆知識
  • 些細なことが節電に!知って得するテレビ節電方法
  • 誰でも簡単に実践できる5つの冷蔵庫節約方法とは
  • みんなが知らない冷蔵庫節約術!驚きの節電方法とは
  • 電力の自由化で東京電力は「東京電力エナジーパートナー」に
  • こたつとセラミックファンヒーターの電気代比較
  • 暖房器具はどれが1番電気代が安いの?
  • パソコンは消したほうがいい?つけっぱなし?
  • 寒い冬の節約術:温冷浴で湯冷め解消~!
  • 足元から温める秘策!
  • 寒い冬はすきま風対策が大切!
  • 夏本番!暑い夏のクーラー対策!
  • 必読!節電術!電力会社の契約の見直し
  • クールシェア、ウォームシェアで節約!
  • いらない電気は消してね!
  • 暑い夏を乗り切る節電術!電気を止める?!
  • 節電効果があって見た目もきれいな緑カーテンの作り方とは!の口コミ投稿!

    この記事にコメントを投稿する