家庭で水道料金が掛かるものベスト3とは?
最終更新日 2016.2.22
86d87163e8760a76e7600f20a576e5f3_s.jpg

生活していて水道料金は項目別に料金が出るわけではないので、 「何にどれくらい掛かっているのか?」把握している人は少ないです。

ここでは家庭で水道料金が高いものベスト3を紹介します。
この3つの節約を意識すればコスト削減に役立つかも!

第1位 お風呂

1回につき200リットルの水量が必要となるお風呂が第1位になりました。

毎日お風呂の水を変えると言う人は少ないと思いますが、
それでも2日1回、あるいは3日1回程度の割合で変えていく人が多いはずです。

仮に2日に1回のペースで変えた場合の1ヶ月の料金は720円。
お風呂の水道料金は家庭の3分の1を占めるともいわれています。
半身浴でちょっと水量を減らすなどの工夫をするだけでも、
1ヶ月で数百円の節約になりますよ。

第2位 洗濯機

こちらは各家庭の人数によって異なるので目安でしか表記できませんが、
お風呂の次に水道代がかかるのは間違いないでしょう。)

例えば1人や2人など少人数の家庭では5kgほどの洗濯機が必要です。
1回につき標準使用水量が110リットルとなっています。
つまり1回につき26円。

2日に1回のペースで洗濯すると1ヶ月で390円という計算になります。
少人数で必要最低限の洗濯回数なので、実際はもう少し上昇する可能性が高いです。

節水タイプの洗濯機を使うか、あるいはお風呂の残りを利用するなど、
対策を講じることで節約が可能です。

第3位 トイレ

トイレは1回あたり5リットル程度でそれほど使用量は多くないのですが、
こまめに行く人も多いので何気に水道料金がかかってしまう項目の一つ。

トイレの使用料金は働いているか働いていないかで、
大きく変わり時にはお風呂以上の料金になってしまうことも。

一般的に近年は共働きの人の方が増えているので、
そちらをメインに考慮して換算していきましょう。

2人暮らしをしていて、ともに1日の自宅でのトイレ利用回数が3回だとします。
1回 0.24×5リットル=1.2円
1日の使用回数 1.2円×6回=7.2円
1ヶ月の使用料金 7.2円×30日=216円

上記のように家での利用回数が少なければ、それほど料金は高くなりません。
トイレは節水タイプのものを利用すれば1回につき2~3リットルの節水も可能です。

上記、家庭で水道料金がかかりやすいものトップ3を紹介しました。

ここでは「少人数の家庭で共働き」というシチュエーションを想定して料金を換算してみました。働き方や人数によって順位に変動が出てくることもあるでしょう。

特にお子さんのいる家庭ではトイレの利用頻度も高くなり、
場合によってはお風呂以上の料金がかかることもあります。

 
関連記事
  • 自宅のゴミを減らせるエコアイディアとは
  • 冷蔵庫の購入は省エネ効果をチェックせよ!
  • ケース別水道料金一覧を紹介!お風呂は?トイレは?
  • スマホにまつわる節約術5選!
  • お風呂にまつわる節約術5選!
  • 水道代を減らす5つのワザとは
  • 洗濯機の間違った使用方法とは!?電気代がムダに掛かる?
  • あなたはいくつ知っている?掃除機の節約豆知識
  • 些細なことが節電に!知って得するテレビ節電方法
  • 節電効果があって見た目もきれいな緑カーテンの作り方とは!
  • 誰でも簡単に実践できる5つの冷蔵庫節約方法とは
  • みんなが知らない冷蔵庫節約術!驚きの節電方法とは
  • 電力の自由化で東京電力は「東京電力エナジーパートナー」に
  • こたつとセラミックファンヒーターの電気代比較
  • 暖房器具はどれが1番電気代が安いの?
  • パソコンは消したほうがいい?つけっぱなし?
  • 寒い冬の節約術:温冷浴で湯冷め解消~!
  • 足元から温める秘策!
  • 寒い冬はすきま風対策が大切!
  • 夏本番!暑い夏のクーラー対策!
  • 必読!節電術!電力会社の契約の見直し
  • クールシェア、ウォームシェアで節約!
  • いらない電気は消してね!
  • 暑い夏を乗り切る節電術!電気を止める?!