水道代を減らす5つのワザとは
最終更新日 2016.2.22
cfb407632053e37bebb135f20e9cc062_s.jpg

このページでは日頃の知恵で水道代を節約する技を紹介します!
水道代は公共料金の一つ。電気、ガス、水道の3つを節約することができれば年間でも数千円のコストカットに成功します。
具体的にどんな方法があるのか見ていきましょう!

流しっぱなしはやめる

例えば顔を洗う時についつい水を流しっぱなしでやりがち。
30秒水を流すだけでも5リットル以上の水が流出してしまうんです。

桶に溜めて水を使うことで大幅な節約になります。
桶なら1リットル程度で済みますよ。

顔を洗うときうに1分以上、水を使ってしまう人もいますから、
そんな人ほど溜めて使った方が節約になります。

節約コマを使う

節約コマは水道の蛇口に取り付けるもので、流水量を抑える効果があります。

普通に90度開いた状態で1分間水を流してしまうと12リットル程度の流水量が発生しますが、
節約コマを取り付ければその半分の6リットル程度で抑えることが可能。

どうしても水を使いがちな食器洗いなどのケースで節約になりますよ。
取り付けるだけで1ヶ月あたり1,000円近いコストカットが実現できることも!

トイレは「小」を中心に利用する

トイレのレバーには「大」と「小」が存在しますが、大のレバーはだいたい7リットル程度、
小のレバーは大体5リットル程度といわれています。

大抵は「小」で十分な流水量となっています。
おしっこをしたから「小」、大きい方をしたら「大」などと決め付ける必要はないですよ。

お風呂の水を活用

ちょっと手間のかかる方法ですが、お風呂の水を再利用する方法もあります。

給水タイプのトイレだとお風呂の水をバケツや桶などに入れて追加しておけば、
給水量を抑えることができます。

これだけでも年間で数千円のコストカットに成功。
ただし、汚いお湯をそのまま使ってしまうと汚れがきっかけで詰まりの原因となってしまうので、
一度網にを通すなどきれいなお湯を使うことを心がけましょう。

食べたものはすぐに水やお湯につけておく

食事を終えた食器は長時間放置するのではなく、すぐに水やお湯につけておくことで、
油分がはがれ汚れが落ちやすくなります。

必要以上にこすったり、磨く必要が無くなるのでその分水道代を節約することができますよ。

また食器を洗う時も蛇口からダイレクトに洗うのではなく、
桶にお湯や水を溜めて使った方が節約になります。

以上、水道代を節約する5つの技を紹介しました。
日常的に毎日できる技ばかりなので、日々の努力が節約の金額として現れてくるでしょう。

 
関連記事
  • 自宅のゴミを減らせるエコアイディアとは
  • 冷蔵庫の購入は省エネ効果をチェックせよ!
  • 家庭で水道料金が掛かるものベスト3とは?
  • ケース別水道料金一覧を紹介!お風呂は?トイレは?
  • スマホにまつわる節約術5選!
  • お風呂にまつわる節約術5選!
  • 洗濯機の間違った使用方法とは!?電気代がムダに掛かる?
  • あなたはいくつ知っている?掃除機の節約豆知識
  • 些細なことが節電に!知って得するテレビ節電方法
  • 節電効果があって見た目もきれいな緑カーテンの作り方とは!
  • 誰でも簡単に実践できる5つの冷蔵庫節約方法とは
  • みんなが知らない冷蔵庫節約術!驚きの節電方法とは
  • 電力の自由化で東京電力は「東京電力エナジーパートナー」に
  • こたつとセラミックファンヒーターの電気代比較
  • 暖房器具はどれが1番電気代が安いの?
  • パソコンは消したほうがいい?つけっぱなし?
  • 寒い冬の節約術:温冷浴で湯冷め解消~!
  • 足元から温める秘策!
  • 寒い冬はすきま風対策が大切!
  • 夏本番!暑い夏のクーラー対策!
  • 必読!節電術!電力会社の契約の見直し
  • クールシェア、ウォームシェアで節約!
  • いらない電気は消してね!
  • 暑い夏を乗り切る節電術!電気を止める?!