寒い冬はすきま風対策が大切!
fuyu.jpg

冬の寒い時期に、隙間風が入ってしまうと室温が下がってしまいますね。
どこから冷たい風が進入しているのか、しっかりと把握して対策を講じたいところです。

窓ガラスの隙間風を防ぐなら

外部からの隙間風が入ってきやすいのが窓ガラスとの隙間
特に外に面しているガラスは冬場は結露が起こりやすく、より一段と室温を下げてしまいます。
できれば断熱サッシや複層ガラスを取り入れたいところです。

ただマンションやアパートの人は勝手に取り替えるわけにもいかないでしょう。
そんな時はマスキングテープで窓枠を塞ぐのがおすすめ!

貼っても綺麗に剥がせるため、汚れにならないのも利点です。かといって粘着性が劣るわけではないので耐久性もあり、剥がれにくさも兼ね備えています。
マスキングテープは窓だけでなく、ドアや引き戸、床下収納の隙間など幅広い箇所に使える利便性も兼ね備えています。

床下収納からの隙間風対策

床下収納からの隙間風は非常に冷たいです。
暖かい空気は下から上へと伸びていく性質があるので、横からの隙間風よりもさらに冷たい風が吹き込んできてしまいます。

こちらもマスキングテープで塞いでしまっても良いのですが、床下収納によっては貼りにくいケースもあるかもしれません。
そんな時は防音テープや防音カーペットが便利です。
特にあまり床下収納を使用しない家庭では防音カーペットがお勧め!

隙間風を封じ込め、音が響かないという2つのメリットが出てきます。
子供が多い家庭やアパートやマンションで防音効果も強化したいという時には最適ですね。

玄関の隙間風は建てつけから改善する必要はあり!

玄関は一年中外部の空気や湿気を吸いやすい状況があるため、材質によっては反ってしまって隙間風が入りやすくなる可能性があります。
隙間を埋めるにはマスキングテープのような薄いものではなく、金属板で隙間風を埋めた方が頑丈に対策できます。
あるいはドア全体を再塗装してアルミ製耐熱ドアに変更するなど、素材そのものから改善する必要も出てくるかもしれません。

断熱用のドアにすれば隙間風対策だけでなく、ピッキングなどの防犯上の対策にも効果的です。
気密性の高い資材を使ってコーキングする場合、ある程度の技術が必要なので自信がない人はリフォーム会社に相談するのも一つの手段です。

以上、冬場の隙間風対策についてご紹介してきました。
室内のドアや窓ガラスの枠がちょっと歪んでいる程度であれば、マスキングテープで応急処置できますが、素材そのものが反ってしまっている場合はリフォームへの依頼や資材調達が必要になってくる可能性もあります。

 
関連記事
  • 自宅のゴミを減らせるエコアイディアとは
  • 冷蔵庫の購入は省エネ効果をチェックせよ!
  • 家庭で水道料金が掛かるものベスト3とは?
  • ケース別水道料金一覧を紹介!お風呂は?トイレは?
  • スマホにまつわる節約術5選!
  • お風呂にまつわる節約術5選!
  • 水道代を減らす5つのワザとは
  • 洗濯機の間違った使用方法とは!?電気代がムダに掛かる?
  • あなたはいくつ知っている?掃除機の節約豆知識
  • 些細なことが節電に!知って得するテレビ節電方法
  • 節電効果があって見た目もきれいな緑カーテンの作り方とは!
  • 誰でも簡単に実践できる5つの冷蔵庫節約方法とは
  • みんなが知らない冷蔵庫節約術!驚きの節電方法とは
  • 電力の自由化で東京電力は「東京電力エナジーパートナー」に
  • こたつとセラミックファンヒーターの電気代比較
  • 暖房器具はどれが1番電気代が安いの?
  • パソコンは消したほうがいい?つけっぱなし?
  • 寒い冬の節約術:温冷浴で湯冷め解消~!
  • 足元から温める秘策!
  • 夏本番!暑い夏のクーラー対策!
  • 必読!節電術!電力会社の契約の見直し
  • クールシェア、ウォームシェアで節約!
  • いらない電気は消してね!
  • 暑い夏を乗り切る節電術!電気を止める?!