電力自由化はいいけど、こんなトラブルの時はどうなる?
最終更新日 2016.2.29

停電

電力自由化によって、新しい電力会社と契約をする人も多いと思います。 新しい電力会社でも様々なサービスを提供していますので、それぞれに魅力を感じる人も多いでしょう。

しかし契約の際は慎重に、そしてその内容をよく理解してく必要があります。

4月以降各電力会社から電力が供給され、電力自由化によるトラブルも多くなることが予想されます。 電力の自由化によって新規の契約を行う人の中には、電力の不安定や停電のことを心配する人も多いと思います。

ですが、新電力会社を選択しての停電は心配ないと考えられます。 一般的に現状と比べて停電しやすくなったり、また各契約先によって電力供給機が不安定になったりすることはありません。

水道やガスと同様、電力は私たちの毎日の生活に欠かすことのできないとても大切なインフラです。 契約した電力会社によって、停電が多くなるようなことはあってはいけません。

日常生活に支障をきたすことがないよう、法律によって消費者保護の内容が規定されていますので安心してください。 法律によって電力供給の件が規定されていますので、特に心配するはないと思います。

契約した電力会社の発電所が停止

契約して電力会社の発電が止まるということはあるのでしょうか? この場合発電所や電線・電柱などが故障しても、送電会社がすべて担ってくれますので電気が止まることはありません。

また契約した電力会社によって、停電が復旧する速さが変わることもありません。 たとえある電力会社が何かしらの問題で停電しても、その電力会社と契約している人だけが停電になることはないのです。

電力契約する時に、このような停電の説明もありますので注意しておいてください。

電力会社の倒産

tousan.jpg

せっかく契約をしたのに、電力会社が倒産、もしくはサービスの終了となってしまったらどうなるのでしょうか? これは深刻な問題だと思います。

契約している電力会社が倒産した場合、それが原因で電気を止められたらとても困ります。 しかし心配はいりません。

日本の電力自由化の制度では、たとえ電力会社が倒産した場合でも、消費者保護の観点によって電気の供給が止まることはありません。 この場合少しの間電気料金か割高になりますが、新しい電力会社が決まればもとに戻ります。

また新しい電力会社が見つからない場合は、今までの自分の住まいの電力会社と契約もできます。 このように契約している会社がたとえ倒産しても、停電になることはありませんので安心してください。

(2016年3月)高圧(一般家庭ではなくマンション、ビル)の新電力6位の会社日本ロジテック協同組合は、はやくも資金繰りがうまくいかず電力小売りから撤退する見通しのようです。

ユーザーは他の新電力を選び直すか大手電力会社に戻るかになります。こういった場合でも、少なくとも2020年までは大手電力がカバーするので、停電になることはありません。

 
関連記事
  • 新電力でもクレジットカードで引き落としできる?
  • 新電力の電気料金を滞納すると?
  • マンションが一括契約していて電力会社が選べない?
  • 電力基礎用語はやわかり
  • 提携クレジットカードでさらに得する術は!
  • 新電力って違約金はあるの?変更や解約について
  • 請求書や支払い方法は変わる?
  • 電力小売りにクーリングオフは使える?
  • 選べるのはいいことだ
  • 停電が多くなる?
  • 電気代が安くなる?
  • 電力自由化はいいけど、こんなトラブルの時はどうなる?の口コミ投稿!

    この記事にコメントを投稿する