電力自由化のメリットとリスク
最終更新日 2016.1.29

電力自由化のメリット

08da088fca3f52d6a06d426b05c017b9_s.jpg

自由化の最大限のメリットとして、需要家の価格の低下 があげられそうです。
勿論、エネルギーの消費量により格差はありますが、
やはり自由化を行うメリットは価格の調整ということでしょう。

これまで10大電力会社が独占販売してきた電力を、
新規参入企業を含めて競争することになり、
そこには競争原理が生まれ、価格の低下に結び付くと言えましょう。

供給力確保・供給力提供という点でも弾力的な運営が可能になります。
将来の電力供給計画は、これまでも需要増に対応した供給力は、
自社設備で賄っていくと言う判断でありましたが、
市場からの調達も選択肢に入ってくると、自社設備にこだわる必要性は薄れてきます。

その意味では、全体として効率的な設備利用と効率的な設備形成が可能となります。
「一度自由化に踏み切ったら、自由化が良いか悪いかという議論を超えて後戻りできない」
と言う、識者の声もあるのは確かです。

電力自由化のリスク

一方電力自由化のリスク面を見てみると、電気事業者、新規参入者、電力ユーザー、
それぞれ三者三様のリスクが考えられます。

電気事業者においては、いわゆる10電力会社の立場に立って考えますと、格付けの低下、
資産価値変動、需要家離脱、価格の乱高下などが考えられます。

新規参入者においては、リスキーな面が相当あり、覚悟が必要でしょう。
新規参入事業者の主要な仕入れルートとして、想定されるのは卸電気取引所ですが、
大手電力各社が、取引所に十分な量の電気を出さなければ、新規事業者が必要量を仕入れるのは難しくなります。

需要家のリスクとしては、電力価格が下がっている時は問題ないですが、
アメリカ各地で見られたように、価格が非常に厳しくなり、 停電など高級信頼度の低下にさらされる場合があり、 電力自由化は必ずしも需要家にとって、ハッピーな面だけではないと言えましょう。

電力自由化によるメリット、デメリットは、自由化が進むにつれ、より鮮明化することになりそうです。

 
関連記事
  • 自由化で原子力発電はどうなる
  • 日本の新エネルギー事情
  • 日本のエネルギー事情
  • 環境とエネルギーについて
  • 外資系を含めた新規参入企業のシェア争い
  • 電力自由化による新規参入(PPS)
  • 環境が一変した電力業界