「Looopでんき」がすごい!基本料金0!!?
最終更新日 2016.3.10

なんと史上初!電気代の基本料金が0円の新電力会社が出てきました! 太陽光発電等で健闘している「Looop(ループ)」。 さてどんな会社でしょうか。

2011年3月、東日本大震災がおこりました。 津波などの被害はさることながら、福島原発の停止により生活に密着した電力供給において不安と課題が提示された大事件と言えます。 同じ年の4月に設立されたのがエネルギーベンチャー企業の「Looop」です。

自然エネルギーを利用しての発電やその利用拡大に目を向けて、「MY発電所キット」シリーズという太陽光発電設備を自分で作成できるキットを開発するなどして事業を展開している企業です。

Looop」が電力自由化において推進するのが「Looopでんき」という新しいサービスで、東電・中部電力・関西電力管内の三つのエリアでサービス開始となり、シンプルさと自然エネルギーを重視した新しい電力料金プランです。

Looopでんき」の最大の特徴であり、一番のウリが「シンプルさ」です。 例えば、利用者は使ったら使った分だけを支払えばよいという契約のための基本料金すらなくした設定は、料金計算がシンプルすぎるほどにシンプル!

基本料金「0円」というのは、は2016年5月31日までに申込んだ世帯や企業だけです。申込み状況によって延長されるかもしれませんが、その期間までに申し込んだ申込者はずっと基本料金無料になる!

今のところ対応エリアは、東電、関電、中部電力エリアのみなので、その他の地域の方はちょっと残念です。

シンプルが故にわかりやすいプランを提供

looop.png

Looopでんき」のシンプルさは徹底しています。まずご家庭用とビジネス用に分けてプランは2つ、「おうちプラン」と「ビジネスプラン」です。

2つのプランの使用料は、おうちプランで25円・ビジネスプランで26円/kWh(キロワット時)と、二つを比べても1円の違いですから、どちらの場合も計算しやすく、現状の電気にかかる料金からの節約も十分に期待できる設定になっています。

基本料金が(今のところ)ないことでも、毎時計算がしやすいので、生活リズムやビジネススタイルとのシュミレーションなどもしやすくわかりやすい!

一番大事な安定性もOK!

安いからと言っても、一番気になるのはやはり安定性。 今までは電力に安定性など求めていなかった私たちですが、それは国が定めているという信頼感から来るものです。

比較的新しいベンチャー企業に生活の全ての電力を任せて大丈夫なのかという大きな不安はどうしても残ります。

新電力に家の電力を乗り換えたとしても、停電が増えるということはあり得ません。 送電網というシステムは現状お使いになっている電柱電線を共同利用することになっています。

供給先の新電力企業が持つ発電所においてトラブルがあったとしても、停電に即決しないようになる仕組み「バックアップ契約」が整えられています。

倒産以外にも災害などで供給が難しくなった場合は、現状と同じ地域電力会社が送電を約束してくれているというシステムです。 よって安定した供給が保たれる!

それがベンチャー企業においても後ろ盾になっているので、安さや、エコを重視してプランを検討する材料の一つとなります。

 
関連記事
  • 丸紅新電力の特徴
  • 水戸電力がJリーグチームのサポーター向け料金!
  • みやま市の「みやまスマートエネルギー株式会社」
  • スーパーで買える電気?「スマ電」
  • 地球環境に配慮するミツウロコグリーンエネルギー
  • 昭和シェル石油の「ドライバーズプラン」とは?
  • 東急沿線沿いなら東急でんきで電気を買え!
  • 大阪ガスの電気+ガスのセット割と長期割
  • 西部ガスの「プラスでんきプラン」とは?
  • コープでんき 大阪南部の生協が低価格、エコな電力プラン
  • 他業種と電気のセット割り「トーカイスマートプラス」
  • 楽天エナジーがガスや電力と提携して、ポイントが貯まる?!
  • 電気代が安くできる!イーレックスの電力
  • H.I.S.旅行と電力のセット割。そして独り暮らし向き?!
  • 東燃ゼネラル「myでんき」はどのくらいおトクかしら?
  • Jコム電力のテレビ、ネット、電話、と電気のセット割り!
  • JXエネルギーの「ENEOSでんき」料金メニュー
  • ソフトバンクユーザーなら必ず検討!ソフトバンクでんき
  • auでんきはauスマホとのセット割り!鬼ちゃんに聞け!
  • eo光ネットとeo電気の利用で、年間最大7776円割引!
  • 東京ガス「ずっとも電気」と「パッチョポイント」
  • コンビニ業界からローソンが割安な料金、ポイントで家庭に電力販売「まちエネ」、スマホ業界も参入!
  • 新電力(PPS) 中央電力
  • 新電力(PPS) エネット
  • 「Looopでんき」がすごい!基本料金0!!?の口コミ投稿!

    この記事にコメントを投稿する


    ちゃまさん

    ★★★★ 2016年3月6日申込
    Looop:Looopでんき おうちプラン(関東エリア)(←東京電力)
    栃木県足利市市内に在住している母方の叔父家族は、先の東日本大震災による福島原発の事故を受けて5年前にLooopの太陽光発電システムを自宅に導入しました。

    叔父の家ではLooopの太陽光発電システムを利用して貯められた電気を元々使い続けてきた電力会社である大手の東京電力に売電していたのですが、
    この度新電力制度がスタートするのに際し、Looopの太陽光発電システムを利用して貯められた電気の売電をLooopに買い取ってもらい、なおかつLooopでんきに東京電力から電気供給会社を変更する事で年間でおよそ30000円以上の節約になる事が判り、
    太陽光発電の売電先をLooopに変更するのと同時に電気供給会社もLooopに変更したとの事でした。

    Looopでんきの「おうちプラン(関東エリア)」に電気供給システムを変更してからまだ10日ほどしか経っていない為、実感として以前の電気供給会社であった東京電力の時の電気料金よりも電気料金が安くなったという印象はまだ無いとの事ですが、
    叔父はLooopの太陽光発電システムが故障やトラブルもなく5年間稼動している事でLooopには信頼を寄せており、今回Looopでんきに電力供給会社を変えた事で売電においても一年で20000円前後お得になり、
    売電先をLooopにする事でLooopの太陽光発電の保守機器の提供などのサービスを受けられる事や、そして東京電力よりも年間で12000円程度電気代がお得になると聞き、
    迷わずに自宅の電気供給会社をLooopに変更した、との事でした。

    窓口:Looopでんき公式サイト
    理由:元々Looopの太陽光発電システムを導入しており、営業担当者から勧められた為

    2016-04-15