東燃ゼネラル「myでんき」はどのくらいおトクかしら?
最終更新日 2016.1.29

・東燃ゼネラル「myでんき」について

電力自由化により、各社とも様々なサービスを展開しています。
そのような中、東燃ゼネラル石油も家庭用のサービスを含んだ新しい料金プランを発表しました。

エネルギー関連企業4社からなる東燃ゼネラル石油は、モービル、エッソ、ゼネラルブランドなど、 全国におよそ3400カ所のサービスステーションを展開しています。
また東燃ゼネラル石油ではグループの発電所などを活用し、1994年以降電力の販売を開始しました。
また2015年から特別高圧や高圧分野の販売も始めています。
今回、2016年4月の電力小売市場の全面自由化に伴い、東電エリアを拠点に、
関西電力エリアや中部電力エリアで電力の販売を開始することになりました。

今回提供する新サービスである東燃ゼネラル「myでんき」は、
既存の電力会社と比べると戸建住宅では年間約1万円、また店舗などでは、
年間で約1万8000円程度の割引になります。
各電力会社と比べて割安になりますので、
この機会に東燃ゼネラル「myでんき」を選択してみるのもいいのではないでしょうか。

年間の電気料金を試算すると結構オトクになります。

魅力的なプランです

6db4b8860e01a7f4e6575e4f0073aa88_s.jpg

東燃ゼネラルが提供する「myでんき」は、
東京電力エリアでは2016年1月4日から申込みを開始しています。
関西電力、中部電力エリアは2016年4月から随時申込みを開始します。

また東燃ゼネラルは公式のウエブサイトで、
お客さまセンターである「myでんき」を開設しています。
今回は新規に開設したWebサイト「myでんき」では、電気料金プランのシミュレーションなどができます。
電力会社や新規参入の企業の多くは様々なセット割をアピールしていますが、
東燃ゼネラル石油は電力のみの販売になります。

そのため今回は東京電力エナジーパートナーの電気料金よりも安く設定しています。
東燃ゼネラルが発表している新料金プランは離島以外の東京電力エリアだけですが、
東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bの料金プランと比べると、3~6%程度の割引率になっています。

また家庭用の従量電灯については、30A未満のサービスを行っていません。
今回の新サービスは、低圧でもたくさんの電力を使用する世帯を対象にしている点が特徴になっています。
東燃ゼネラルグループの試算によれば、前述のように4人家族であれば、
1年間でおよそ1万円程度オトクになるということです。
いよいよ電力の自由化が始まりますが、この機会に東燃ゼネラル「myでんき」を利用してみるのも一つの方法です。

 
関連記事
  • 丸紅新電力の特徴
  • 「Looopでんき」がすごい!基本料金0!!?
  • 水戸電力がJリーグチームのサポーター向け料金!
  • みやま市の「みやまスマートエネルギー株式会社」
  • スーパーで買える電気?「スマ電」
  • 地球環境に配慮するミツウロコグリーンエネルギー
  • 昭和シェル石油の「ドライバーズプラン」とは?
  • 東急沿線沿いなら東急でんきで電気を買え!
  • 大阪ガスの電気+ガスのセット割と長期割
  • 西部ガスの「プラスでんきプラン」とは?
  • コープでんき 大阪南部の生協が低価格、エコな電力プラン
  • 他業種と電気のセット割り「トーカイスマートプラス」
  • 楽天エナジーがガスや電力と提携して、ポイントが貯まる?!
  • 電気代が安くできる!イーレックスの電力
  • H.I.S.旅行と電力のセット割。そして独り暮らし向き?!
  • Jコム電力のテレビ、ネット、電話、と電気のセット割り!
  • JXエネルギーの「ENEOSでんき」料金メニュー
  • ソフトバンクユーザーなら必ず検討!ソフトバンクでんき
  • auでんきはauスマホとのセット割り!鬼ちゃんに聞け!
  • eo光ネットとeo電気の利用で、年間最大7776円割引!
  • 東京ガス「ずっとも電気」と「パッチョポイント」
  • コンビニ業界からローソンが割安な料金、ポイントで家庭に電力販売「まちエネ」、スマホ業界も参入!
  • 新電力(PPS) 中央電力
  • 新電力(PPS) エネット
  • 東燃ゼネラル「myでんき」はどのくらいおトクかしら?の口コミ投稿!

    この記事にコメントを投稿する