スーパーで買える電気?「スマ電」
最終更新日 2016.2.19

割引率が大きいのが特徴の「スマ電」とは?

logo_smaden.png

電力自由化がスタートすることで、2016年4月以降それぞれの家庭で電気購入ができるようになります。
電気の小売事業に参入する企業も増えてきており、サービス内容によっては格安料金で電気を購入できます。
そのため消費者も、各企業の料金プランの内容をよく検討するようにしてください。

現在様々な企業が新プランを発表していますが、その中の一つに「スマ電」があります。
電力の自由化特集などで「スマ電」という言葉を聞くことがありますが、どのようなものでしょうか?
新しいサービスとなる「スマ電」は、スーパーマーケットなどと提携して電力販売を行います。

smaden1.jpg

伊藤忠商事などが株主のアイ・グリッド・ソリューションズという会社がやっている新電力です。

気になる「スマ電」の料金プランですが、東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bプランと比べるととてもシンプルなものとなっています。

「スマ電」の料金プランは、1段階・第2段階については東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bプランの基本料金と変わりません。
そして第3段階で大幅な割引を行っています。
第3段階での割引率は12%となっており、毎月300kWh以上の電気を使用する家庭はお得になります。

今回の「スマ電」は、公式WEBサイトにおいても契約アンペアを40A以上と対象者を限定しています。

独り暮らしのOLさんや会社員には不向きかもしれませんね。
逆に、ある程度以上、電気を使う方には検討の余地があります。

行きつけのスーパーで特典付きで買える予定!

「スマ電」は割引率も大きいので、利用する人も増えてくることが予想されます。
サービスを提供している企業の中には、2年しばりといった長期契約によって割引をする会社もありますね。

「スマ電」は契約期間を6カ月となっており、自動更新によって更新されます。
期間内に解約をすると、解約手数料として2,000円がかかりますので注意してください。

「スマ電」は、スーパーマーケットでの申し込みが基本になっています。
各スーパーマーケットによって特典も異なります。そのため実際に申し込む場合は、その内容をよく吟味しておいてください。

特典については、会員専用の割引、ポイント、新商品のプレンゼントなど、様々なものが予想されます。

「スマ電」を提供するアイ・グリッド・ソリューションズは、すでに大型店舗や工場などに対して電力販売を行っています。
一般家庭7万世帯にあたる電気量の販売をすでに行っています。

その他にもスーパーマーケットに対して再生エネルギー関連事業、エネルギーマネジメントの提供などを行っています。
このように実績も多いので、今後は一般家庭でも多くの電気販売が期待されます。

現在電気会社の選択に迷っている方は、「スマ電」も選択肢の一つに入れてみてはどうでしょうか。

 
関連記事
  • 丸紅新電力の特徴
  • 「Looopでんき」がすごい!基本料金0!!?
  • 水戸電力がJリーグチームのサポーター向け料金!
  • みやま市の「みやまスマートエネルギー株式会社」
  • 地球環境に配慮するミツウロコグリーンエネルギー
  • 昭和シェル石油の「ドライバーズプラン」とは?
  • 東急沿線沿いなら東急でんきで電気を買え!
  • 大阪ガスの電気+ガスのセット割と長期割
  • 西部ガスの「プラスでんきプラン」とは?
  • コープでんき 大阪南部の生協が低価格、エコな電力プラン
  • 他業種と電気のセット割り「トーカイスマートプラス」
  • 楽天エナジーがガスや電力と提携して、ポイントが貯まる?!
  • 電気代が安くできる!イーレックスの電力
  • H.I.S.旅行と電力のセット割。そして独り暮らし向き?!
  • 東燃ゼネラル「myでんき」はどのくらいおトクかしら?
  • Jコム電力のテレビ、ネット、電話、と電気のセット割り!
  • JXエネルギーの「ENEOSでんき」料金メニュー
  • ソフトバンクユーザーなら必ず検討!ソフトバンクでんき
  • auでんきはauスマホとのセット割り!鬼ちゃんに聞け!
  • eo光ネットとeo電気の利用で、年間最大7776円割引!
  • 東京ガス「ずっとも電気」と「パッチョポイント」
  • コンビニ業界からローソンが割安な料金、ポイントで家庭に電力販売「まちエネ」、スマホ業界も参入!
  • 新電力(PPS) 中央電力
  • 新電力(PPS) エネット
  • スーパーで買える電気?「スマ電」の口コミ投稿!

    この記事にコメントを投稿する