オランダやフランスで自転車用道路「ソーラーロード」

 

「ソーラーロード」で発電


solarroad.png電力の自由化によって様々なサービスが始まっており、電力会社や自由化によって新たに参入する企業のサービスに関心を持つ人も増えているようです。
省エネ対策として様々な方法が出てきており、「ソーラーロード」も話題になっています。


「ソーラーロード」と言えば、オランダやフランスなどで人気となっています。
その中で、アムステルダムのソーラーロードがとても魅力的です。
アムステルダムのサイクリングレーンに、太陽光発電を行うソーラーパネルを設置しています。


サイクリングレーンのソーラーパネルは2014年11月に完成し、英紙ガーディアンやハフィントン・ポストなどによって世界に発信されました。
この報道によって世界中の注目を集めることになりました。
そして「ソーラーロード」の完成から半年後、ソーラーパネルが期待以上の発電効果があったことで世界中から注目されるようになりました。
シルエット風車を見ることができる静かな街に、ソーラーパネルのサイクリングレーンが登場したのです。


サイクリングレーンだけが、ソーラーパネルの青色に染まってしまいました。
とても異様な光景かもしれませんが、「ソーラーロード」によって電気が作られることを聞くと何か感動してしまいそうです。
多くの人たちがそのような気持になったのではないでしょうか。


「ソーラーロード」は今後に期待が持てます


アムステルダムの「ソーラーロード」は全長およそ70メートルで、サイクリングレーンにはシリコンのソーラーパネルが設置されています。
サイクリングの表面は、1センチの厚さの安全ガラスで保護されています。
しかし安全ガラスは滑り止めが施こされていますので、自転車のみならず歩行者も安心して渡れます。


評判の「ソーラーロード」は完成した後、自転車で利用した人の数が15万人を超えたそうです。
人気があるレーンですので当然の結果かもしれません。


これまでに悪天候や気温など自然環境が原因で保護ガラスのコーティングが剥がれたこともありましたが、現在は補修も終り元のきれいなサイクリングレーンに戻っています。


そして補修の際、安全ガラスの表面に改良が加えられました。これにより今後のトラブルは回避できそうです。


「ソーラーロード」の開発チームは、将来的にソーラーロードによって発電した電力を、交通システムなどにも応用したいと考えているようです。


ソーラーパネルによって作られた電気で、電気自動車や信号機などの交通システムが稼働する未来も近づいているのかもしれませんね。
「ソーラーロード」の今後の活用には大変大きな期待が集まっています。


 
関連記事
  • 西部ガスの「プラスでんきプラン」とは?
  • コープでんき 大阪南部の生協が低価格、エコな電力プラン
  • 他業種と電気のセット割り「トーカイスマートプラス」
  • 楽天エナジーがガスや電力と提携して、ポイントが貯まる?!
  • 電気代が安くできる!イーレックスの電力
  • H.I.S.旅行と電力のセット割。そして独り暮らし向き?!
  • 防草発電シートで山の斜面を太陽光発電?!
  • 東燃ゼネラル「myでんき」はどのくらいおトクかしら?
  • 九州電力の新プラン「キレイライフプラス」って?
  • 四国電力のよんでんポイント、始まる!
  • 北陸電力の新プラン「節電とくとく電灯」とほくリンクサービス
  • 東北電力の「より、そう、ちから」新料金プラン!
  • Jコム電力のテレビ、ネット、電話、と電気のセット割り!
  • 中部電力の新料金プラン!
  • 中国電力 広島カープが勝てばポイントがもらえる!
  • JXエネルギーの「ENEOSでんき」料金メニュー
  • ソフトバンクユーザーなら必ず検討!ソフトバンクでんき
  • auでんきはauスマホとのセット割り!鬼ちゃんに聞け!
  • 電力の自由化で東京電力は「東京電力エナジーパートナー」に
  • 東電が、いろんなサービスとタッグを組んで新展開!
  • 「スマートメーター(次世代電力計)」の安全対策
  • マンションごとの契約で、電気代が安くなる!
  • 21の都道府県の本庁舎の電力が新電力に
  • 企業に節電による経費節減を提案する新電力