体験!九電のHPで実際の電気代と使用量を調べてみた!
最終更新日 2016.2.16

電力小売り全面自由化!私たち個人でも、マンションの一室であろうが、一戸建てであろうが、電力会社をえらぶことができる!

4月から実際に、今の大手電力会社から好きな会社を選べる。

スマホ、ガス、ネットや、ケーブルテレビとのセット割りを狙うか、TポイントやPonta等のポイントを集めやすいところにするのか? はたまた、再生可能エネルギーを主力として電力供給している会社をターゲットにするのか。

どうも、多くの業者は、多めの電力使用の家庭にとってお得なプランが多いようだ。

とすれば、月300kWhそこそこのうちの家庭は、いったいどうなんだろう。

そもそも、いくらの電力を1年通して使ってて、平均いくらなんだろう。。

実際に使っている電力量と電気代を調べる。

私はこんな感じで、紙ベースの領収書を残していました。

0paper.png

なので、これで計算できる。
でも、電力会社のホームページで一発で分析してくれてるらしいと聞きつけ、調べてみることにした。

九電の「省エネ快適ライフ」に登録

2016年4月からは、「キレイキレイキレイ」という名前に変わるらしい。さらにエコ情報などが充実するようだし、電力料金プランも変わる。

ひとまず、現在の電気使用量と、払った額を確認するために、ログインIDの登録をしてみた。
トップページの「省エネ快適ライフ」から

1.jpg

省エネ快適ライフのトップページへ

2.jpg

ログインすると、自分の契約内容や支払い状況、それに電気代の経歴や分析結果が見れます。
IDとパスワードを登録します。
まずは契約規約を読み、「同意する」

4.jpg

次へ

5.jpg

ここで登録

6.jpg

もしパスワードやIDを忘れた場合に、自分にしかわからない質問とそれに対する回答を入れることで、
パスワードやIDを教えてもらえます。

7.jpg

お支払方法が「口座振替の方」「それ以外の方」で記入場所が分かれてます。
私はいつもコンビニで現金支払いしていたので、口座振替以外で「検針票配布」をえらび、お客様番号を入力します。

8.jpg

これでIDとパスワードを登録できました。

「省エネ快適ライフ」にログイン

登録完了したら、そのログインIDとパスワードでログインします。

9.jpg

ようこそ!と名前が表示され、OPENを押すと、kご契約情報が表示されるはずです。

10.jpg

・・・が。「電気のご契約情報の確認ができておりません」と表示されます。

11.jpg

4日~1週間ほどで、認証パスワードを書いたハガキが九州電力から来るので待ちましょう。

1週間してはがきが来たので続きをやります。

12.png

「認証パスワード入力」をクリック。

13.jpg

認証パスワード入力します。

14.jpg

契約内容と使用実績をみる

ログインすると、契約内容と使用実績が表示されました。

15.jpg

さらに詳細を調べます。

16.jpg

月ごとの実績

17.jpg

契約情報

18.jpg

今月分の使用料と内訳

19.jpg

請求金額の内訳

20.jpg

私は、夜中に電気代が安い「時間帯制電灯」です。
それぞれグラフでも表示できる。

21.jpg

1日あたりの平均使用量の年間推移

22.jpg

時間帯制電灯にしているからかもしれませんが、昼と夜の使用料の割合がわかります。

23.jpg

おそらく去年の3月くらいまでは、旦那さんの仕事が夜中12時までで、夜じゅう起きていることが多かったので、 夜のほうが断然電気を使ってます。

でも最近は、それほどでもないんですね~~。
そうか~。これからちょっと見直ししてもいいのかもしれませんな~。

そのほかにも、どうやったら省エネになるのか、いろんなアドバイスがあったり、
エコ生活に役立つ情報が見れますよ。

24.jpg

注目の!2015年、年間使用量は!

ということで結局、私は
年間3600kWh、1月306kWh 利用して
電気代は
年間82,858円 月平均7000円ほど。

genzaidenkidai-kyuden.png

あまり冬はエアコンは使わない夫婦のふたり住まい。
2DKでそんなに広くないし、いつも1部屋しか使っていない。

なので、大した金額ではないのですが。。
でも少しでも安くなるに越したことはない。

このデータを使って、九電の新メニューや新電力のいろんな会社でシミュレーションしてみよう!

ふふふ、今夜は眠れないわ!

 
関連記事
  • 体験!東電の新しいweb画面 「くらしTEPCO」にログインしてみた
  • 支払っている電気代を把握する為、東電の「でんき家計簿」に登録してみた