支払っている電気代を把握する為、東電の「でんき家計簿」に登録してみた
最終更新日 2016.4.11

以下の体験記は、2016.2月のものです。2016.4月現在、東京電力は分社化して小売の契約業務は「東京電力エナジーパートナー」という会社になりました。 以前からの従来プランのお客様は、そのまま「でんき家計簿」で使用料の把握等ができますが、新しいwebサービス「くらしTEPCO」を利用することができます。

また、東京電力エナジーパートナーの新プランに切替えされる方は「くらしTEPCO」で使用量等を確認できます。 「くらしTEPCO」についてさらに詳しく解説

************************************************************

2016年4月1日から始まる全面電力自由化に向けて、自分が実際に支払っている電気代、電力量の実績を把握する為、東京電力の「でんき家計簿」に登録してみました。

ちなみに我が家は、3人家族、5LDKの一戸建てです。契約は50A、契約種別は従量電灯Bとなっています。

まずは、登録してみました

この「でんき家計簿」は、東京電力(東京電力エナジーパートナー)の公式ホームページのトップに新規登録画面があります。かなり分かりやすいので、おそらくすぐに気づくかと思います。ちなみにヤフー、グーグルなどで「でんき家計簿」と検索しても、下記の画面が出てきます。

check_touden.jpg

ちなみに、登録方法についても、動画で説明してくれます。かなり親切な作り込みですね。(you tube動画で流れます。)

check_touden2.jpg

最初の登録画面は、下記の通りになっています。お客様番号は、いつも支払っている電気代の領収書に記載されていますので、確認してみましょう。

check_touden3.jpg

新規登録に進むと、以下の画面が出ます。

check_touden4.jpg

これは、お客様番号がわかっていなくても同様の画面が出ます。その後、利用規約を確認して、同意のチェックをした後、メールアドレスの登録をします。

尚、メールアドレスはヤフー、グーグルなどのフリーアドレスでも登録は可能ですが、迷惑メールに振り分けされる可能性もあるので、注意してください。

check_touden5.jpg

上記のようなメールが来ます。リンクをクリックすると、以下のような画面が出てきます。

check_touden6.jpg

氏名、住所、契約者、電話番号、ID、パスワードなどを入力する画面が出てきます。だいたい5分ぐらいで全て入力できると思います。

check_touden7.jpg check_touden8.jpg

上記のメールが、登録メールアドレスに届きます。これで登録完了です。そこまで難しくないです。

画面はこのようになっています。色々使ってみました

トップ画面

check_touden9.jpg

トップ画面は、上記のようになっています。今月の請求額が一番最初の画面に出てくる仕様となっているのですね。かなり分かりやすいです。

check_touden10.jpg

トップ画面の下側に、コンテンツがあり、電気使用量、料金比較、各種の手続きなどが出来るようになっています。画面回りもかなりシンプルになっており、年配者の人でも、抵抗感なく利用出来そうです。

使用量と料金をグラフで見る

check_touden11.jpg check_touden12.jpg

直近1年間の電気使用量、電気代金がグラフ化されて、出てきます。やはり、エアコンを利用する冬場は、かなり増えるんですね。エアコンを最新のものにすれば、少しは安くなるのかな?

使用量をプロフィールに近い家庭と比較する

check_touden13.jpg

実は、個人的にはかなり気になっていた画面です。我が家と同じような家庭は、一体どれぐらい電気を使用しているのでしょうか。

check_touden14.jpg

まずは、住居タイプ、暖房、冷房の使用状況、給湯、世帯人員、住居のサイズなどを入力して、保存します。

check_touden15.jpg

すると、我が家、よく似た家庭の平均、省エネ上手なご家庭の3種類の今月の電気使用量が出ます。我が家は、かなり平均を上回っているんですね・・。おそらくエアコンが古く、電気使用量をたくさん食うからだと思いますが。

「ご使用状況を詳しく見る」を押すと、下記の画面が出ます。

check_touden16.jpg

特に冬場の使用量が多くなるのがわかりました。

新たに加わる料金プランを見る

東京電力も他社に負けないように必死なんですね。新しい料金プランにすると、料金はどのようになるのでしょうか。

check_touden17.jpg

料金プランを試算してみるから、下記の入力画面に入れます。

check_touden18.jpg check_touden19.jpg

契約しているアンペア、電気代、世帯人数などを入力します。

check_touden20.jpg

プレミアムプラン(2年間契約)に切り替えると、年間で5293円安くなるそうです。

尚、プレミアムプランは、電気の使用量が多い人向けのプランとなっているものです。

check_touden21.jpg

家族も3人ですし、ペットも飼っていないですけど・・。

check_touden22.jpg

新しい料金プランに申し込みをすると、1000円の利用につき、5ポイントのTポイント、ポンタポイントが貯まるようになるんですね。これは、これまでにないサービスです。

まとめ

今回、「でんき家計簿」に登録することで、直近1年の我が家の電気代は、月平均12752円ということがわかりました。このデータをもとに他社も含めて、比較検討していきます。

*********************************************

以下の体験記は、2016.2月のものです。2016.4月現在、東京電力は分社化して小売の契約業務は「東京電力エナジーパートナー」という会社になりました。 以前からの従来プランのお客様は、そのまま「でんき家計簿」で使用料の把握等ができますが、新しいwebサービス「くらしTEPCO」を利用することができます。

また、東京電力エナジーパートナーの新プランに切替えされる方は「くらしTEPCO」で使用量等を確認できます。 「くらしTEPCO」についてさらに詳しく解説

 
関連記事
  • 体験!東電の新しいweb画面 「くらしTEPCO」にログインしてみた
  • 体験!九電のHPで実際の電気代と使用量を調べてみた!